黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

お化けの話し・・・

別にこれと言ってする事もなし、
で、人様のブログを拝読、
色んな記事の中に、
ん?お化けの話し?


お化けの話か・・・
そう言えば、あれは30年近く前だった。
友人達と、波乗りをしに、
泊りがけで四国に、
海の近くの安い民宿に、


夜、これと言ってする事もなく、
TVも100円、
クーラーも数時間で、100円、
で、TVは我慢して、
さあ、何をしようか?


男ばかり、トランプも・・・
そこで一人が、
怖い話しを始めた。
嫌な予感・・・



次々と話し出す友人、
一人は完全に怖がっている。
どれくらい話しただろう、
変な空気になった。


一人が喉が渇いたと、
しかし、民宿の売店はとっくに閉まっている。
少し離れた所に自動販売機を見かけたと、誰かが言った。
じゃあ、誰が行くのか・・・


ええーっ!俺?
皆の意見だった。
私がこういう事には一番、怖がらないと、
一同は頷いた。
予感的中・・・


しかし、私とて怖い・・・
仕方なく、皆から小銭を集め、
非常階段から外へ、


四国の深夜は恐ろしいぐらい暗い、
この民宿の近くにはお化けが出ると言う、
トンネルもある・・・


妙に風が強い、
遠くで野犬の遠吠えが、
こ、怖い・・・


かなり向こうに、ぼんやりと自動販売機の灯りが、
夜道を一人とぼとぼと、
何で、私なのだ。
あいつら喧嘩なら真っ先に行くくせに、
と、愚痴を吐きながら、


やっとの思いで、辿り着いた一台の自動販売機、
えらく新しい、
手に握り締めた小銭、
少し汗ばんでいた。
100玉を入れた。


次の瞬間だった。
世にも恐ろしい事が起こった。







「いらっしゃいませ!」


全身の毛穴が全て開いた。
言葉にならない声を上げ、
恐ろしさのあまり、小銭を自動販売機に投げつけた。


しゃ、喋った・・・
自動販売機が喋った・・・



生まれて初めて、
喋る自動販売機と出会った日の事だった・・・


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村