黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

1996年 夏・・・

まあ、言葉で書けないぐらいの不景気だが、
来なくなった人達は、大丈夫だろうか、
元気にして居られるのなら、
それでいいのだが、


しかし、諦めない心を常に提唱する私の心が折れそうなのだが、
が、頑張ろう・・・か?
奇跡と言う言葉があり、
奇跡的な事がある以上、


信じようと思う、
が、本当にそんな事があるのか?
ある。
挫けそうになると観てしまう、
動画がある。


では、御紹介しよう、

延長10回、ワンアウト満塁、
絶対絶命の大ピンチに、
選手交代を告げられた若者が、
ライトに走る。
直後、そのライトに白球が舞い上がる。


そして・・・




この一投、一球の為に、
彼は、何百時間、いや何千時間、
何万時間と、練習を重ねたのだろう、


見える奇跡よりも、
見えない積み重ねを、
私は高く評価したい、


そして余談だが、この時のあまりの出来事の為、
色んな混乱が起きる。
アナウンサーはルールを間違え、
実況、渦巻く大歓声に試合終了と勘違いする人達、
そしてこの試合で主審を務めた。
「田中美一」氏は一つのプレーに対して、
2回「アウト、アウト」と叫ぶ、


その事を氏はのちに深く後悔し、
昨年、お亡くなりになられた。


人の心に残る感動は、
野球やスポーツに限らず、
私たちの仕事でも必ず出来ると思う、
が、それには日々の積み重ねが必要だと、


松山商業「矢野勝嗣」君に教えて戴いた。


時を越えた
1996年 夏の出来事だ・・・


そして、昨夜開店直後から、閉店まで、
慌しい夜だった。


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村