黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

モグラ叩き

ゲームセンターに「モグラ叩き」と言うゲームがあるが、
私は、私の故郷、大阪の下町に戻って来て、
早、10数年、
ずっと「モグラ叩き」をしている。


北新地に勤め、大阪はミナミで店を開き、
色んな人に会い、色んな経験を積み、
色んな事を覚えた。


しかし、それもこれも、この町では、
異次元の話し、誰も信じない、
そして始まる。
理不尽な絡み、


怒鳴る人、キレる人、
何年やっても、次々と来る。
何だろう、不思議な人達、
お金を払って絡んで、帰る・・・


先日も現れたおばさん、
私よりも、年上のようだ。
入って来るなり、絡みモード全開、
ふう〜、さあ、どう絡んで来るか、
と、言っても法則がある。


パターンが何故か皆、同じ、
まあ、それぐらいの知恵しかないので、
そうなるのだが、
と、考えていると来た。


「何でもいいから出してくれ」
これが危険だ。
ここで「ハイ」と、
適当に出すと、必ず言う、
「不味い!」


この絡み方が一番多い、
そこで「何でもと言われても、
困ります。ではカクテルにしますか?」
と、聞くと耳を疑うような答えが、
しかも、大声で、


「私はこの世でカクテルが一番嫌いなんや!」
信じれますか?
ここは、BARです。
カクテルを全否定、しかも何でも良いと言っておいて、
自分が言った事を数秒で忘れる。
と、言うか絡むのが目的だから、そうなるのは、必然、


その日は他のお客さんも居たので、
それぐらいで済んだが、
数日後、又来た。
なんで来るのか、
目的は一つ、絡みたいから、


「今日は何にしますか?」
と、尋ねると、
「眼鏡掛けてないから、見えへんねん!」
はい、絡みモード全開!


「早く掛けろ、ババア!」
とは、言えない・・・

そして始まった。
ボトルを指差し、
「これ、美味いのか」

と、聞く、これが危険だ。
不味いものは基本置いていないが、
「美味しいですよ」
と、言うと必ず言う、
「不味い!」


で、どうなるかと言うと、
「不味いから、お金は払わない」
と、飲み干す、何度かあった。
もう警察に通報しても、良いくらいなのだが、


そこで、
「美味しいと言う方も居ますし、
口に合わないと言う方も居ます」
と、言うと、


横のボトルを指差し、
「じゃこれは美味いのか?」
同じように答えると、
その横のボトルを指差し、
「じゃこれは美味いのか」
永遠に続く、もう入って来て、
15分以上経つが、


一杯も飲んで居ない・・・


すると、ポップに書いていたテキーラをくれと、
自分で言った場合は仕方ない、
私の責任では無い、
すると、このチーズもくれと、


え、そのチーズは・・・
しかしここで、それはそのお酒には合いませんよ、
等と言うと、
「じゃあ、何で書いているんだ!」
と、なるので、
「ハイ」とお出しした。


そして、テキーラを飲み、
一口チーズを食べた瞬間、
鬼の形相に、
いきなり席を立ち、
「帰る!」と、


その方が帰った後、
吐き出されそうになって無残に残っていたのは、
「ブルーチーズ」の王様「ロックホール」だった。


どうも腐っていると思ったらしい、
確かにお金は払っている。
交通違反はしてないが、
交通マナーを守って無い、
こんな人達がうじゃうじゃいる所に、


遠方からの人達を招いたところで、
驚かれるだけ、いや馬鹿にされるだろう、
そう思いませんか?
ギターを弾いてる区長さん・・・


私の「モグラ叩き」はいつまで続くのだろうか、
もう終わってもいいのではないか?

↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村