黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ボウモアカスクストレングス

つまらない話しをしよう、
つまらないなら、読みません・・・
まあ、そう言わず。


では、

世界で最も個性的なウイスキーを生み出す。
スコットランドアイラ島
そのアイラ島で、
アイラの女王と呼ばれる。
優秀なブランド「ボウモア


私も数々飲んで来た。
「ブラック・ボウモア
ボウモア34年」
ボウモア30年」
ボウモア25年」
ボウモア21年」
ボウモア16年」


まだまだあるが、
書き出したらキリが無い、
どれもこれも個性的で、秀逸な逸品だった。
が、この「ボウモア
現在は、日本が世界に誇るウイスキー造りの大企業様が所有されている。


それから色んな事が言われ出した。
味が変わったと、
美味しくなったと言われる方も、
昔の味が懐かしいと言われる方も、
逆に昔の味になったと言われる方も、


少し前、変わった「ボウモア」のボトラーズを見つけて、
買った。

大阪の酒販業者のオリジナルラベル、
ボウモア10年 カスクストレングス」
描かれているのは「新世界」「通天閣
これが意外と懐かしい「ボウモア」の味がした。


だが実際は、そんなに変わったのだろうか・・・
小さく跳ね上がるキレのようなものが無くなったような気はする。
確かに一時期、当店も「ボウモア」のアイテムは、
20種類ほどあった。
が、今は数本、
当店では、注文が減ったのは確かだ。


やはり「アードベック」と言われる事が多くなった。
このブログでも頻繁に「アードベック」と、検索が掛かる。
ここは一つ、お得意のCMをお使いになっては如何かと・・・
大きなお世話な話しだ。


そんな意味を込めて、今一度「アイラの女王」
ボウモア」はどうですか?
ボウモアカスクストレングス」56℃



何故かカスクなのに、不思議と安定した度数、56℃、
これは、又次の機会に、ご説明を・・・


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村