黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 とんでもない物を・・・

とんでもない物を、色々と、
ウイスキーマガジンで、
No1ボトラーズ業者に輝いた。
ボトラーズ業者は又の機会にご説明します)
「ダンカンテイラー」社
それが又、凄いものを、


ではご紹介しよう!

「ザ・ビック・スモーク」
では解説しょう、
これは最も個性的なウイスキーを生み出す。
アイラモルト
その中でも、煙臭(えんしゅう)、薫香(くんこう)


スモキー・フレーバーの事なのだが、
まずは「スモーキー・フレーバー」とは?から説明しよう、

モルトウイスキー特有の香味のこと。特徴香の一つ、
ウイスキーの製造工程の中で、
原料の大麦は、発芽させてほどよいところで乾燥させ、
芽の成長をとめます。
発芽する事で、糖化酵素(アミラーゼ)と言う、
大事な成分が活性化される為なのだが、


その際に燃料として使われるピートと言う「泥炭」を使います。
その独特の燻香が麦芽に焚き込められ、
のちにモルトウイスキーの快い燻香になるのだが、


最近は控えめな物が多く、
サントリーさん等もかなり控えて、
日本人の嗜好に合わせている。


そんな中、その煙臭、薫香の強い物だけを、
混ぜ合わせ、バッティングさせた。
想像しただけで、とんでもない、
が、興味深い、


さらに60℃・・・
さあ、どうですか?
と、勧めにくい逸品、
「ザ・ビック・スモーク」

それに合わせてか、昨夜石巻に転勤になったテキーラさんから、
お土産が、偶然にも・・・

「スモーク牛たん」
お早めに!


↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村