黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

無差別 通り魔

陰惨な事件が起きた。
が、その前に、謎のさん、キリコさん
わざわざ、お電話ありがとうございました。


アリスさん、花梨さん、さなみさんご心配ありがとうございました。
スミケンさん、いい記事ありがとうございました。
飲食店関係者の方々、ご心配ありがとうございました。


ブログを閉じた。連絡が途絶えなかった。
私自身も勘違いをしていた。
はてなの方は、私の読者の1割にも満たない、
そうだ。私には多くの水商売の弟子や、後輩、
そして、勿論の事大勢のお客さんがいる。
見えない読者、コメントの無い読者が大半だ。
その数、数百名に登る。


特に水商売関係者諸君、
確かに、言われる通り、ああ言うコメントは、
水商売に対する偏見かもしれないが、
それは、今に始まった事では無い、
それで、私達が飯を食べていると言う事があるのも確かだろう、
まあ、又、話そう、


そして、水商売の私達の先輩が殺された。
面識は無いが、どこの店かは解った。
近くに駆け出しの時の私を育ててくれたママの店がある。
尋常では無い怒りを感じた。
死因は殺傷だが、原因は自殺出来なかった男の一方的な理由、



これ、何かと似てませんか、
そう、コメントも正に通り魔だ。
自殺するなら、てめえでしろ!
何故、人を巻き込む、
そして、人のブログのコメント欄に入って来て、
人様に頂いたコメントまで、切付けて行く、
正に、今回の事件と同じだ。
反論があるなら、自分のブログで、
とは、そういう事だ。
人を巻き込むな!


そして、自分は傷ついていない、
あの犯人の顔を見たか、
「何が悪いねん!」だった。
私のせいなのだが、
アリスさんが切りつけられた。
コメントで、「歯抜けババア」と書かれていたが、
アリスさんに会った事があるのか、


アリスさんはババアでは断じてない、
お姉さんだ。
先日、マツケンさんも切り付けられていた。
その日、飲みに来られた。
又、詳しく書くが、
私は、外部の人間だったようなので、
「熱心な読者」ではと、告げた。



これが、ブログをやっているなら、
確信犯だ。
そう思いませんか?
同じ痛みを知っているはずだ。


まあ、そういう事なのだが、
色んな方が、色んな目的で、
ブログを書いている。
こんな花が咲きました。
こんな物を食べました。


大いに結構で癒される。
しかし、私の場合は事情が違う、
これが何故解らないのか、
私はこのブログを書いて、
多くの方が来店してくれている。


それで、私が儲けていると勘違いされているようだが、
私が儲けるとどうなるのだ。
儲けたら、儲けただけ、
何の催促が来る。

「税金」だ。


莫大な税金を払っている。
不景気だろうが関係ない、
毎月、督促状が来る。
その税金を払い終わった絞りかすが、
私の儲けだ。微々たるものだ。
税金払わなくて良かったら、
毎年、家族でハワイで豪遊だ。


ブログを書き、人が来て、
その売り上げで少しでも多くの税金を払っている。
それは、リタイア組の方から、
渡されたバトンだ。


それを渡した人がコケろ、コケろ、
と誰が願うだろうか、


そして、その財源が、巡り巡って高齢者社会に役立ち、
震災の復興に繋がると信じ、
払い続けているのだ。
それはお前の都合だ。
それは、そうだしかし、一円でも多く税金を納めるように協力するのは、
国民の務めではないのか、


こんなブログの記事の一面を見て、
あ〜だ、こ〜だは無いだろう、
私達世代の、踏ん張りが復興に繋がると信じ、
ブログを書き、売り上げを上げようと努力している。
それを上の者は見守り、道を譲り、
私達は、次の世代にしっかりバトンを渡さねばいけないのだ。
そう、税金を沢山払って貰う為にも、


しかし、誰が悪い訳でも無い、
このブログと言うものを始めた私に、一切の責任はある。
しかし、チャレンジしないと良い事も、
悪い事も解らなかっただろう、


が、通り魔のような行為は止めよう、
何のメリットも無い、
そして、はてなと言う、
小さな井戸を覗き込むのも止めよう、
だから、世界観が小さくなるのだと、痛感した。
しかしこの小さな井戸が命の水かも知れない・・・



謎のさん禁を破りましたが、
又、少し強くなりました。
ある意味鍛えられたのかも知れません。
そして、今回はてながどうのでは無く、
改めて、私の見えない読者からの連絡の多さにも驚きました。
その人達の為にも、


ぼちぼち生きます(行きます)



三島由紀夫曰く

「行動とは、始まりがあって、終わりがなければ行動とは言えない」

納得のいく終わりを探して・・・・


そして、まだ見ぬ人達と出会う為にも・・・



体調が良ければ、リコメ致します。
なんなりとコメントして下さい、
誹謗中傷で結構ですよ、
気が治まるなら、