黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

コメント・・・

ここ数日、こればかり考えている。
色んな方の記事に、コメントの事が書かれていた。
ご覧になられた方も多いだろう、
皆、丁寧に訴えている。
皆、苦しんでいる。


が、ボールは届かない、
私は元来、キツイ人間だから、
言っても解らない人は解らないと思い、
拒否にする。
別にお金を貰って書いてる訳でも無い、


これが店のお客さんなら別だ。
色々と試行錯誤で導いている。
が、道を言うだけだ。それ以上の事は私には出来ない、
後は自分で考え、
自分で感じる事が大事だ。


コメント・・・
一体なんだろう、
皆様の記事を何度も読んだ。
皆、女性の方だ。


私自身も気を付ける為に、
そこで、少し違うかも知れないが、
皆様の書かれていた事を、
私なりにまとめると、


まずは、書き方もあるのだろうし、
どれぐらいの付き合い(ブログで)
して、誰かと言う事もあるのだが、
コメントは会話のキャッチボール
人の記事のコメントに、
自分の事書かない、関係の無い事を書かない、
これを嫌がっている方が多い、
相談や、悩みならまだいいのだが、
自分の生い立ち等を書かれる方や、
自分の感情の捌け口に使われる方もいる。
まあ、書かれたところで、そうですか、と、しか言えない、
自分の事は、自分のページで、
反論もそうなのだが、
自分のページで大いに書いたら良いと思う、


頭の変なBARのマスターがこんな事を書いていたが、
私はこう思う、と、始めたら良いと思う、



コメントが恐いのは、書かれた瞬間に記事の一部になる。
コメントに書かれたキーワードから、
検索に掛かってくる事も多々あるのだ。
そしてひつこいのも駄目だと思う、


コメントを返すと、なら、これならどうだと、
又、返して来る。楽しい事ならいいが、
喧嘩口調で来られると、うんざりする。
また、暇な方には良いだろうが、忙しい方も多いだろう、
メールでは無く、あくまでコメントなのだ。
ある方が書いていたが、コメントを書かず、
見守る事も時として大事だと、




そして、コメントも記事と同じで、
書いたら、残る。
どなたのブログでもそうだが、
色んな方が、コメントも読んでいる。


会った事も無い、文面でその人を判断するだろう、
嫌なコメントを見れば、嫌な人だと思うだろう、
又、嫌なコメントは見た人も嫌な気分になる。
私のブログはお店のお客さんが読んでいる。
そのお客さんまで、嫌な気分になる。
営業妨害のような行為だ。


して、嫌な気分にさせた人は何のメリットがあるのだろうか?
それが知りたい、それが気持ち良いなら、
間違いなく変態だ・・・・
いや、それによって興奮する変質者かも知れない・・・
頓珍漢なコメントも記事をちゃんと読んで無いのが、
すぐに解る。
悲しい話だ。




あれこれと色んな事を考えていたら、本当に書く気が無くなった。
ここ数日は、前に書いた。下書きを小出しに出していたのだ。
そして反論や注意をしてくれるのは良いが、
せめてどこの誰かは教えて欲しいものだが、
これも願望だろう、見えない方、
これはブログのリスクで、仕方ないと言えば、
そうだろう、しかし、それが私には最後の切り札でもある。
私は、どこの誰かを全て出している。
故に同じ土俵には、上がれないはず、
しかし、それを言えば、ブログをするな、
と、なるだろう、


だからせめて、このはてなだけでは、
皆が気分良くブログが書けるように、
思いやりの心を持ちたいものだ。
ふざけていい時と、
ふざけてはいけない時がある。
ある方がこう言っていた。
このはてなにそういう方が居ると、
このはてなが嫌になると、
正にその通りだ。


私も馬鹿な人間だが、
馬鹿は馬鹿なり、懸命に考えている。
ここの繋がりは、幼馴染でも竹馬の友でも、
同級生でも、同僚でも先輩後輩、
ましてや、親戚でも家族でも無い、
「ブログ友」と言う、
新しい付き合いだ。
では、その「ブログ友」と
どう付き合って行くか、
定義も、ルールも無い、
あるのはモラルだ。
が、モラルも人それぞれ、


私もきちんと考えようと思う、
しかし、これは私が思った事だが、
コメントは書いてあげてるのでは無い、
書かせて頂いているのだと、


毎日書く人も、何日かおきに書く人も、
それなりに苦労されて書いているのだ。
よそ様のしかも、会った事も無い方の
ブログなのだから、土足で入ってはいけない、


気を付けないと女性陣に嫌われてしまう、
それは悲しい・・・・


スパムになって気付いても遅いのだ。
そこで一つ標語を
「嫌なコメント みんなが見てる」



↓お手数でなければ押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村