黄昏ウイスキー  TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

この前、「寅さん」の話をした。
私が「寅さん」の歌「男はつらいよ
の2番を聞くと涙が出ると話したが、
それには訳がある。


私には兄がいる。
驚かれるだろうが、
年が16才程離れている。


魚釣りが好きで、バイクが好きで、
私に多大な影響を与えた人物なのだ。
兄は長く柔道をしていた。
そのせいで、がっちりした体格になった。
又、そのせいで私は無理矢理、剣道をさせられた。
母が、兄のその体型を忌み嫌ったからだ。


兄は少し変わっていた。
60〜70年代初頭、学生運動等で、
自衛隊等への風当たりが強い時代に、
自衛隊に入ると、
どうも、潜水艦に乗りたかったようだ。



戦争経験者の父は許さなかった。
兄は仕方なく、
家業である小さな電気屋さんを継ぐ事になった。
そして兄が結婚すると、
父は電気店を兄に譲った。


別に怠け者でも無く、
酒もさほど飲まなかった。
しかし色んな事に手を出し、
失敗したのだろう、
ある日突然居なくなった。


莫大な借金を残して、
その後、私達一家は文章には出来ない程の地獄を見た。
幸い父には兄弟が多く、父は長男だった。
有難い事に皆、少々裕福だったので、
お金を工面してもらった。


今の金額にすると相当な額だ。
父は妹に怒られるのが嫌で、
そのお金を受け取る時、
幼い私を連れて行った。
私が居ると酷く言われないと思ったようだ。
恐ろしい男だ・・・・
流石に父と二人、帰りの車中、
会話は無かった・・・


あれから、もう30年以上になる。
どこでどうしているやら、
そんな兄なのだが、
私はいつかは成功して、
帰ってくるのではと、
宝くじのような夢を見ている。


母が良く兄の事をフーテンと言っていた。
その影響か兄が「寅さん」のように思えるのだ。
だから、



「ドブに落ちても根のある奴は
いつかは蓮の花と咲く・・・」