黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

桜にまつわるお話を・・・

桜、一気に咲いて、一気に散る・・・



あれは、もう40年程前になる。
遠い親戚が奈良は吉野の山に居た。
夏休みになると、いつも泊り掛けで遊びに行った。


多分、親戚を良い事に、
貧乏家族が、あつかましくも夏の避暑地に利用していたのだと、
今になったらそう思う、
叔母さんがいた。
この叔母さんが辛うじて、血の繋がりがある。


良い人だった。
何も文句も言わず、いつも懸命に働いていた。
凄い元気な人だった。
何よりも、笑顔しか思い出せない、
微笑が絶えなかった。


叔母さんが大変そうに思ったのは、
その家に爺様が居たのだが、
この爺様が凄い人で、
山岳信仰大峰山」に携わる。
厳格な方だった。


確か山伏だったと思うが、
食事の時も、爺様だけが別の
食卓、そこに座れるのは、
客人の私の父だけ、


そして他の客人とその家の男子、
一段下がり、その家の女性の方の食卓になる。


大峰山」は「女人禁制」の山なのだ。
現在でもそうで「女人結界門」と言うものがある。
確か風呂の順番も決まっていた。
私は男なので、客人でも早く、
この爺様の孫に当たる少し歳の離れた長男さんと、
同じ時に入れる。


しかし、五右衛門風呂だった・・・


そんな吉野に、確か私が10歳に満たない頃、
おとん(父)と二人で行く事になるのだが、
家の車をおとんは色々と乗り換えたが、
この時は、ライトバン
後ろが荷台になっていた。
小さなトラックだ。


それがあったから、
こういう話になったのだと思うのだが、
ある日おとんと二人、吉野に行く事になるのだが、



吉野の山の上にある叔母さんの家を目指し、
オンボロトラックは走る・・・・


         つづく・・・


大峰山
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B0%E5%B1%B1

広告を非表示にする