黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒のいい話 思い出の梅酒

にほんブログ村」と言う、
アクセスのランキングに挑戦するサイトがある。
そこに「酒のいい話」と言うトーナメントがあるのだが、
よく解らないのだが、何事も挑戦だ。
それよりも、昨日、「バー」のカテゴリーで、
300近いクリックを戴いた。


私を1位に押し上げるため、
もうそれだけで、充分いい話だ。
こんな3流バーテンダーの為に、
お金にもならない事を・・・
ありがたい話だ。
人の優しさに触れた。涙が滲んだ午後だった。


では、一つ、本当にあった。
「酒のいい話」を、



だが、これが、いい話かどうかは、
私には解らない、あなたが判断して下さい、


あれは、数年前、
その日は、私にとっては大事な日だった。


2月8日・・・・
私の無二の親友が、海で亡くなった日だ。
毎年、酒と線香をその海に捧げに行く、
その日忙しかった。
行く前に、酒を買えず、仕方なく海の近くのスーパーに、
その店は、閉店が決まったいるようで、
商品が殆ど無かった。


酒も無い・・・
棚の上に数本何かがある。
しかし、梅酒・・・
しかも実が入っているカップのタイプ、
時間が無かった。


それを手に取り、レジへ、
「友よ、今日はすまない」
と、その梅酒を2本海に流した。


手を合わせ、慌てて帰り、店を開けた。
その夜だった。
当時、よく来てくれた方に「GIN」さんと言う方が、
何故なら、「GIN」しか飲まなれないからなのだが、
その方は、建築現場を渡り歩き、
日本中を旅していると、
自分は「旅人」だと、話されていた。


その「GIN」さんが、ふらっと扉を開けた。
カウンターに座ると、
いきなりポケットをゴソゴソと、
何かを取り出そうと、


「今日はマスターにお土産があるねん」
「へぇーありがとうございます!」
「これ!」


と、言ってカウンターに置かれた。
酒が一本・・・


私が今日、海に流した。
実の入った「梅酒」
同じメーカーの、同じ物、


息が詰まり言葉が出ない・・・
声が出ない・・・
思わず下を向いた。
涙がとめどなく流れ出したからだ。


「GIN」さんは驚いていたが、
驚いたのは私の方だ。
こんな事って本当にあるのか・・・


梅酒は飲まない私だが、
その日だけは飲ませて戴いた。


友からの返杯なのだから・・・・



そして、「GIN」さんは、
今、どこの空の下に居るのだろうか、
「GIN」さん、あの時はありがとう・・・



ご協力ありがとうございます。
↓無理せず、良ければ、クリックお願いいたします!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村