黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

見たことも無い星・・・・

私は子供の時から、あまり褒められた事が無い、
だから、今でも人に褒めらても、
あまり、ピンと来ない、
我が町でも、私の事を良く思っていない人も多い、


まあ、自分としては悪くても、
良くても評価は、評価だと思っている。
そして、このはてなで、☆を通じて、
色んな方とお会いし、世の中の広さを体感した。
下町育ちの私には、驚くべき世界だ。
小さな町の、小さな事、自分の小ささも知った。


それと共に、いつ潰れてもいいような、
小さなBARのマスターの話に、
耳を傾けてくれる人達がいる。


毎日、沢山の☆が付く、
自分では、よく解らない、
こんな下らない文章でいいのだろうか、
と、日々、自問自答している。


ただ、がむしゃらに、自分の持てる力の限り書いている。
しかし、全ては我流、充分な教育も受けていない人間だ。
所詮は、知れている。
そんな私の文章に、カラーの☆を付けてくれる方達もいる。



気を使ってくれているのだろう、
申し訳なく思う、
そこで、私もと、先日、☆を買おうと、
調べてみた。


無知とはある意味罪だと知った。
こんなにお金を払って、
私に、カラー☆を・・・・
そして、もう一つ「レアスター」という存在を知った。
ん?「レアスター」・・・


私は、娘や店のお客さんを連れ、
夏になると、波乗りによく出掛ける。
そこで、私が教えるのは、「ルールとマナー」
これだけだ、上手い、下手は関係ない、
BARもそうだ。お酒の強い、弱いは関係ない、
お金を使う、使わない、それも全く関係ない、
このブログとて、そういうものだと、解釈している。


その私が・・・・
少し前にこういう記事を書いた「BARの扉」
http://d.hatena.ne.jp/BARin/20120125/1327431708
その記事の☆の先頭に、見たことも無い星が光っていた。
何だろう、と、その時は思った。




大変申し訳ありませんでした。
多分あれが「レアスター」なのだ。
慌てて、その方のブログに、
すると、こんな事が書かれていた。





「深呼吸する言葉・バー」
「バーに行きたい」
そう思える文章に巡り会った。
それは、とてもしあわせだ。


コメントに、そんなブログに出会えて幸せだったと・・・


私が、人を幸せに出来るのだろうか・・・
よく解らないのだが、涙が流れ出した。


こんな言葉を戴けるのなら、
頑張って、書けるとこまで、書こう、
本当にそう思った。


礼には礼を、大変申し訳ありませんでした。
一言のお礼も言わずに、
そして、ありがとうございました。


☆に込める思い、それは人それぞれだと言う事を、
改めて思い、そして感じた・・・・
私は書き続けてもいいのだと言う事を、
教えて戴いたような気がする。



バーテンダー 坂本雅央