黄昏ウイスキー TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信  冬のカクテル 2  アイリッシュ・コーヒー

では続いて「アイリッシュ・コーヒー
まずは、アイリッシュウィスキー(アイルランドのウィスキー)



これも好み、これでと言う訳でも無いのだが、
私は「タラモア・デュー」を使う、
このカクテルを美味しく作る最大のポイントはこれ!



コーヒー豆、そう、コーヒーが美味しくないと、
当たり前だが、美味しくない、


このカクテルを渾身の逸品にする為、
3年程掛かった。お解り戴けただろうか?
そう、コーヒーの豆を探したのだ。
大阪は、南港に珈琲ロースター珈露さんと言う、
焙煎工場があるのだが、そこに一人のご老体が、
珈琲職人で、私のコーヒーの師匠だ。


そこに、何度通った事か、
焙煎から、一通り教わった。



お酒もそうだが、コーヒーも一杯、二杯では、解らない、
飲み続ける事が大事だ。
そこで、結果、二つの豆を選んだ。
コーヒー好きな方には「モンスーン・マラバール」


インドの豆だ。偏西風で乾かされる。
かなり、味が濃い、
そして、ウィスキー好きな方には「シティーローヤル」
こちらは、一番優しい味がする。
故に、ウィスキーの味が前に出る。


それを当店は豆から砕いて作る。


そして、これ
生クリーム


これをこれで



無ければ、これで

ホイップすれば、出来上がり!



これも好みなのだが、このクリームには、
意味がある。胃の粘膜の保護と、
フタのような役目をするので、
コーヒーがなかなか冷めない、
と、言う訳です。



なかなか、ここまでは拘れません。
ご家庭の場合は、インスタントのコーヒーでも、
最近は美味しいのがあります。



出来れば、ドリップのインスタントで、
それに、家にあるウィスキーを入れ、
目安は30ml〜45ml好みで砂糖、
後はフレッシュでOKです。
一度、お試しあれ!


因みに
ベースがスコッチ・ウイスキーなら、「ゲーリック・コーヒー」
ベースがコニャックなら、「ロイヤル・コーヒー」
ベースがアクアビットなら、「スカンジナヴィアン・コーヒー」
ベースがカルヴァドスなら、「ノルマンディ・コーヒー」です。

↓クリックして下さい!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村