黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

酒通信 オールモストゼア

昨夜、少し寄り合い的なものがあった。
まあ、情報交換のような、飲み会なのだが、
すぐに終わるはずが、やはりこの未曾有の不景気、
話が長くなった。
そして、残念な事が、もりもり様に続き第二弾!
matsukento様ご来店!!



はい、私、居ませんでした・・・
申し訳ありません・・・
いつもは、誰も来なくても、
店に居るのに、こういう時に限って・・・
色々とお話をしたい事や、
お出ししたかったお酒があったのに(涙)
なんで、こうなるの、
ほんと、すいませんでした。
そして、ありがとうございました。
何やってんだろ、全く・・・
後悔先に立たず・・・
と、言えばこれもそうだ。





買ってから、後悔する・・・
完全に飲み手を選ぶ酒だ。


並みの人では飲めない・・・
「アードベック・オールモストゼア」

こりゃ〜、強烈だ。
この酒は、こういう事だ。
「ベリーヤング」
「スティルヤング」
そして「オールモストゼア」


数年に分け、小量だけをボトリング(瓶詰め)
これで、樽の熟成の過程の変化が解ると、
かなり、希少で、マニアックなお酒だ。
以前、この「スティルヤング」は紹介した。
これが強烈だったので、
躊躇ったのだが、かなり安くで見つけたので、
購入、しかし、案の定、飲みづらい・・・


香りも強烈、これで倒れそうだ・・・
そして、こういうシングルモルトウィスキーは、
こういうグラスで飲む、

左の二つは、「ショットグラス」
バーボンのストレートや、テキーラのストレートでも使う、
そして、蓋の付いたのが「テイスティンググラス」
シングルモルトに使うのだが、


これは、中、上級者向けだ。
やはり最初は「ショットグラス」から始めた方がいい、
何故なら、テイスティングは、飲む時、まともに香りも入って来る。
そういう、作りになっている。
で、何故蓋が?
これは、香りを充填し、より一層香りを楽しむためだ。



底が膨らんでいるタイプ、
これは繊細な香りに物に向き、
もう一つの方は、強烈な香りの物に向くが、
これも好みだ。
では、ロックグラスは、
これだ。

これは全てバカラなのだが、
種類が違う、
私は、この左側の「マッセナ」というグラスが好きだ。


手に馴染む、しかし、他のと比べると、値段が高い、
恐いので、あんまり出さない・・・・


ん〜、しかし、このお酒、
味わうのではなく、
戦うだ・・・・



誰か、戦いに来ませんか?



そして、matsukento様
又のご来店楽しみにしております。
          坂本