黄昏ウイスキー TWILIGHT WHISKY

大阪は京セラドーム前の小さなジガーBAR「BARin」の日記 

お父様のお酒 最後の1本ともう一つの物語

今回、長きに渡って記事を書いた。

バーテンダーとして、

大概の酒は見てきたつもり、

そうつもりだ、、

世の中は広い、昔、よく勉強しに行っていたBARがある。


ミナミの老バーテンダー、80歳近く、

数年前にお亡くなりになった。

ある事が解らず、質問をした。

答えは「いやいや、私もまだまだ、勉強中ですから、、」

「、、、、、」


その言葉の意味が、はっきりと解った今回の古酒達、

同じ酒でも、ラベルが違う、そうなれば、無限に広がる。

私は1〜2世代前のラベルしか知らなかった。

これは、3世代以上前だ。


実に勉強になった。

いい経験をさせて戴いた。

お父様に感謝だ。

しかし何故、あんなに気になったのか、

それはこれだ!


これは「バランタイン17年」

北新地の高級BAR、私が勉強に行った時、

マスターに水割りをお願いした。

究極に難しいもの、それは「水割り」だ。

そして、そのマスターが使ったのが、これ、

バランタイン17年」

このボトルには、1978年とスタンプが、



その当時、「ジョニ赤」「ジョニ黒」が高級酒、

これは雲の上の存在だ。

ブレンディドウイスキーの至高の逸品、

しかし、それ以上に気になったのが、

これだ!

これはなんのハンコだろう、

調べた。いや解った。

これではっきりと読めた。

「名古屋港税関」




名古屋港税関、、、船乗り、、、

そう今回、私がムキになった理由、

それが、このお父様の職業だ、、

実は私は、船乗りになりたかった頃があった。

高校生、一番仲の良かった無二の親友、

一緒に海員学校へ行くはずだった。

色々あり、私は行けず、

あいつは船乗りに、、、

2000年、2月、嵐の中の関空沖、


船が転覆、、、、


あいつは死んだ、、、




この方のお父様も船乗り、

天国でお会いしたのかも、

あいつが言ったのかも、

僕の友人に酒に詳しい男がいますと、

話したのかも、船乗り同士、

あいつも酒が大好きだった。

毎晩、毎晩、二人でよく飲んだ。



そして、パソコンを通じ、

私という媒体を使い、

娘様に説明してくれと、

「わしの酒はこんなに凄いのだ。大事に扱ってくれ」

と、言う事では無いだろうか、

しかし、私も勉強になった。


そして、名古屋港税関、

私は当時この税関職員だった方を、

間接的にではあるが、知っている。

ご連絡をしょうと思ったが、


止めた、、、

今となっては、それは、それでいいじゃないかと、

そう思ったからだ。

数十年前、この方のお父様とその方は、

多分、すれ違っている。


遠い過去に、そして今、私と娘様が、

パソコンの中だが、こうして出会っている。

これだけ、デジタルにアナログを感じた事は、

今まで一度も無い、パソコンも、

ブログも実にいいものだ。

ありがとう!

そして、海辺の暮らし様、ありがとうございました。

お母様にも、よろしくお伝え下さい、



どうか、お父様の魂と思い、その古酒達をお守り下さい、

改めてお願いします。

ありがとうございました。

そして、亡くなった無二の親友、青春を一緒に過ごした日々を、

10年が過ぎ、今年2月の命日に合わせ、

私の思いを綴った記事があります。



「海岸通」全6話

少しでも多くの方に。

一読して戴ければ、幸いです。あいの為にも、、、


http://d.hatena.ne.jp/BARin/20110204/1296801049


バーテンダー  坂本雅央