黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

懐かしい夜、、、、1

昨夜、前半、
カウンターの片隅に、
女性が一人、
土曜日だと言うのに、
店は相変わらず暇だ。
清楚な感じで、
物静かな女性、


いつも思うのだが、
こういう時に、
当店の独身常連氏達は、
どこに居るのだろう、
いつもは、土曜日の前半、
ポツポツと、来るのだが、
誰も来ない、
薄利多売のチェーン店では無いのだから、
それは、それでいいのだが、


一人でも、二人でも、
居てくれれば、それはそれで、
話に花が咲くのだが、
来ない、、、、


暫くして、扉が開いた。
見かけない男女二人、
大人しい感じだ。
丁寧に対応した。
又、扉が開いた。
男女2人、
合流したようだ。


その4人の中、
一人は、中学の同級生、
I君だ。
「やあ、久しぶり」
「久しぶりやね〜」
と、挨拶を交わす。
そのI君が、
「誰か解る?」
と、他の3人を紹介した。



解らない、、、、
聞くと、皆、中学の同級生のようだ。
思い出せない、、、、
私の母校は、
第二次ベビーブームの影響で、
マンモス校だった。
その為、同じ組にでもならなければ、
顔すら解らない、
向こうも、私がよく解らないようだ。
ん〜下町と言っても、
流石に都会、
田舎なら、絶対にあり得ないだろう、



いや〜、でも、実に懐かしかった。
30数年ぶりの再開だ。
教室、廊下、どこかで、
すれ違ったはず、
何より、同じ空気を吸って育って来たのだ。
それだけでも、
嬉しい、
いや〜この不景気の中、
実によく飲んでくれた。
ありがとう、


そして、店は忙しくなり、
夜は更けて行った。、
そんな中、又、扉が開き、
女性が一人、
その方の口から、
懐かしい、名前が、、、、
    続く
▼良かったら、クリックして下さい!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村