黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 アマローネ フィニッシュ


先日、オージスさんが、開けてくれた。
当店の、掟はお店で買った商品は、
必ず、バージンショットは、お客さんに権利がある。
私が、バージンショットを飲めるのは、
オークションで購入した物だけだ。


やはり、オークションの個人出展では、
劣化した物がある。
その、劣化の有無を確かめるだけだ。
これは、かなりのバカ舌でも解る。
苦味だ。酒には存在しないだろうと、
思われる。変な苦味がある。
だから、お酒は飾るものでは無く、
飲む物なのだ。


それは、いいのだが、
このカリラ30年、
驚いた。凄いパワーだ。
香りが、ガンガンに立ち上がる。
これは、数年振りの驚きだ。
口に含むと、分厚い波が押し寄せた。
な、何を飲んだんだ?
と、思いきや、スウーッと流れる。


10ml程度の試飲で、
これだけのインパクト、
もっと飲みたい、、、
だ、誰か、、、
他力本願だ。
恐るべし、アマローネフニッシュ、
この、アマローネに、実は引っ掛かっていた。
先日の記事で説明しなかったが、
これは、ワインなのだ。
最終的にこのワイン樽で、
熟成させているのだ。


アマローネ、
イタリアを代表する。
高級ワインだ。
しかし、お手頃価格な物が多い、
カリラにワイン?
と、思っていたのだが、
流石にカリラ、
凛と立っている。



しかも、カスクだ。
ボクシングで言うなら、
ウエルター級の、
技巧派、
ん〜、上手く言ったつもりだが、、、
まあ、少々お高いが、
是非、挑戦を!


最後に、このボトルをリリースした人物は、
「ジム・マッキュワン」
15歳で樽職人、その後ボウモアのマネージャーに就き、
現在は、ブルイックラディクの生産管理者、
今や、モルト界のカリスマ、
本数も少なく、世界で1.017本(225)

納得が行く、、、、
▼クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村