黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

懐かしい方から、メールが、、、

不思議な時間、
タイミングで、懐かしい方から、メールが来た。
このブログの健闘を称えてくれたのだが、
妙な気がしたので、少し、長文でメールを返した。
案の定、奥方様と、何かトラブルがあったようだ。
しかし、それは、今始まったものでは無く、
遠い過去から、遡る。


返信を返した。
まあ、奥方様は、言葉は悪いが、
多少、病的な所もあり、
病的とは、即ち自然発生的なもので、
自然なら、これ、天を憎まずではないでしょうかと、


遺憾ながら、そうかも知れないと、
返って来た。
この御仁は、私よりも、かなり年上で、
安定した職業をお持ちだ。
私がなりたかった職業だ。
数年に一度ぐらいしか、会うことは無いが、
私自身は、尊敬している。
有名国立大学を出られ、
不思議な文章をお書きになる。
不思議とは、これまた理解しづらいだろうが、
まあ、私のような乱文者では無い、
繊細で、優しい表現を使い、


どこか、宮沢賢治を彷彿とさせるものがある。
そして、又、メールがあった。
私自身が、
最近、特に思う事があり、
それを、返信した。
メールだったので、
少し略したが、本来はこう言う事だ。
私のような、職業では、やはり、人と出会う数が多い分、
嬉しい事も多いが、その分、不条理な別れや、
理不尽な裏切りに、多々会って来た。
そして、信用も無い、
その点、安定職に就かれていれば、
そういう事は、確率的に少ないだろう、
夫婦間のトラブルが、あったとしても、


私のように、月末になれば、這いずり回り、
支払いに、困窮する事も無いはず、
そう考えると、私がしていない苦労を、
どこかで、誰かがしている。
世の中とは、苦労の、分担作業では無いだろうかと、
そして、その苦労を災害と、
表現した。


災害とは、どういう意味だろうか?
と、返って来たが、少し店も忙しくなり、
それっきり、返信をしなかった。
災害とは、想定内であるか、
想定外であるかと言う事だ。
想定内であれば、未然に防げ、
災害とはならず、
想定外であれば、
大災害となる。


年上の御仁には、少し失礼かと思い、
言葉を濁したのだが、
言いたかった事は、
心の防波堤を高くすれば、
未然に防げるのでは、
と、言う事だ。剣豪宮元武蔵が、
提唱する覚悟という言葉だ。
私ごときが、
偉そうに言う事では無いのだが、
私自身、最近、想定外であり、
想定内であった事が、


結局は、想定外となった。
やはり、心の防波堤が、低かったのだ。
甘く見ていた。
しかし、これを失敗と取るか、
経験と取るかでは、
意味合いが大きく変わる。


まあ、一度会って、酒を飲み、
ゆっくりと話したいものだ。
特に、文章の書き方にアドバイスを頂きたい、
限りある人生です。
今を楽しみましょう!
クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村