黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

小学校の絵 1

私は、元来変わった子供だったのだろう、
今から思えば、よく解る
特に、図工だ。
あれは、確か、小学2年生の時、
絵を描いた。
なんのお題かは忘れたが、
画用紙を真っ黒に塗りつぶした。


闇夜のカラスでは無いのだが、
暗闇に、黒い虫がいたら、
当たり前だが、見えない、
その真っ黒な画用紙に、
書き方鉛筆で、
小さな虫を沢山書いた。


先生が言った。
「よく解りませんね〜」
と、私は先生を窓際に連れて行き、
その絵を太陽に照らした。
そうする事で、書き方鉛筆で書いた虫が、
キラキラと、光る。
「ほら、見えるやろ〜」
と、言った。


次の日、学校におかんが呼び出された。
廊下で待ってた。
詳しくは覚えてないが、
こんな事だ。
「家庭内で、何か問題でもありますか?」
私の書いた独創的な絵が、
異常行動と、
取られたようだ。


だが、これが今思えば、
逆に問題では無いだろうか、
独創的な絵を描く、
そこを逆に伸ばしてくれれば、
才能として、開花したのでは、
無いだろうか?


それからは、周りの友達が書いている絵を見て、
同じような絵を描くようになった。
怒られないようにと、
パッケージにされてしまったのだ。
しかし、小学校の先生は、
美術の先生では無いので、
仕方が無いのだが、


そして、何年かはおとなしくしていたが、
又、おかんが呼ばれる絵を描く事になる。
        つづく、、、
PS 本日8月23日(火)は
慰安旅行の為、お休みとさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。
           坂本
▼クリックをお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村