黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ハイウェイ バトルと、マナー

先日、サーフィンを終え、
駐車場のシャワーを待っていた。
20代ぐらいの若者が、
シャンプーや、リンス、
いろんな物を、5本程立てて、
ゆっくり、ゆっくり洗っている。
私も待ってる。金髪も待っている。
私と同世代ぐらいのサーファーも、
他にも、
待ってる。


待ってる。
ゆっくり、ゆっくり、
髪の毛に女の子のように、
トリートメントを馴染ませている。
お前、髪の毛が気になるなら、
海に入るな!
今度は歯を磨きだした。
シャワーは出しっ放しにして、
腰が抜けるかと、思った。
何故、こんな馬鹿が増えたのだ。
年上を敬わない、
きっと、この馬鹿も、
自分は、仕事が出来き、
他は馬鹿だと思っているのだが、
お前が馬鹿だ!


この時点で、仕事が出来ない事が、
解る。
年上を敬わないほど、
馬鹿はいない、
そして何より、譲り合いの精神だ。
そういう奴は、
自分一人で、生まれて来て、
自分一人で、仕事をしていると、
勘違いしている。
馬鹿か!組織で、歯車、
社会で、歯車、
日本で、歯車、
世界で、歯車
の、一部だ。
日本の歴史から学べ!
磯ノ浦の歴史を学べ、


そして、サングラスを掛け、
自分に酔っている。
一言、言ってやろうかと、
思ったが、止めた。
どうせ、解らない、
私達の時代なら、
こんな事をしたら、
先輩に怒られたものだ。
いくら、サーフィンが上手くても、
マナーと、譲り合いの精神が無い限り、
サーファーでは無い!


そして、帰りの高速道路、
後ろから、煽って来るコンパクトカー、
左に寄った。
見ると、若造、
そして、家族連れらしき、前の車を又、
煽っている。
いやらしい、やり方で、
カチンと来た。
すかさず、右に戻り、
大人気ないが、
究極の煽りをお見舞いしてあげた。


数十センチの所まで、
接近、右、左に車を振ってやった。
左に逃げた。
許さん!
そのまま、引っ付いてやった。
大阪の40代を怒らせては、
いけない、皆、そんな事は、
10代から、慣れている。


流石におとなしくなった。
自分がやられたら、嫌なら、人にもするな、
こういう奴は、ベンツの一桁ナンバーや、
走り屋の改造車には、
決してそういう事は、
しないだろう、

免許を取ったぐらいで、
社会の何が解るのだ。
年上を敬わなかったら、
自分も年をとった時、
敬われない、
その時に、決して怒るな、
お前がしてきた事だ。
何事にも、
上には、上がいるのだ。
この私にも、
最近も、サーファーの先輩に、
こんな事を言われた。
「サーファーと言うなら、
ゴミを捨てるな」
と、海だけじゃなく、
道路にもだと、キツク言われた。
その先輩は、下品で、エロイが、
人のゴミまで持って帰るそうだ。
自分が嫌だからという、理由で、
頭が下がる。



年配者よ、
若者に道を示すべきだ。
クリックをお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村