黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

中村三郎助

なる人物をご存知だろうか?
先日、NHKで取り上げられ、
私も、少し知った。
以前は軍艦を作る時の、
責任者としか、
記憶に無かったが、
この人物、
恐ろしい男だ。
まずは、浦賀にペリーが来航、
その時、通訳と二人で、
旗艦、この船の名前が、
面白いのだが、
「サスケハナ」
まるで、日本語のようだ。


そして、三郎助は、
な、なんと、
ハッタリを使い、
この船に乗り込み、
交渉する。
下っ端役人が、
副奉行と、偽るのだ。
何とも、豪胆、
そして、その船を色々と探索する。
あちら、こちらと、歩き回る。
その事を、ぺりー艦隊の記録の中でも、
「あつかましい」と、
書かれている程だ。


そして、異例の出世を遂げ、
日本発の様式軍艦「鳳凰丸」
の造船に着手する。
が、なかなか、
幕末の表舞台に現れないのだが、
どうも、「勝海舟」と、
犬猿の仲だったようだ。
故に「咸臨丸」にも、
乗船していない、
まあ、色々とある御仁なのだが、


最後が圧巻だ。
最後の最後まで、
幕臣を貫く、
私の愛する「山岡鉄舟」先生も
そうなのだが、
この人は更に、凄く、
自分の、長男、次男も連れて、
北海道に渡り、
五稜郭の近くで、
戦死するのだが、


ここが、いまいち腑に落ちない、
何故、子供まで連れて行くのか
そこだ。
やはり、そういう時代だったと、
言うしかないのだろうか、
坂本龍馬」にも、
このあたりが引っ掛かる。
身内を不幸にしたという点は、
否めない、
例え、本人たちが行きたいと言ったとしても、
止めるべきでは、
と、私、個人はそう思うのだが、


まあ、幕末の影の立役者、
「中村三郎助」
機会があれば、調べて欲しい、
安易に目に入るものだけが、
正義でもなく、
英雄でも無い、
それを知ることになるだろう、、、
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村