黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

寝苦しい、、、悪夢が、、、、

暑い、、、、
寝苦しい、、、
悪夢、
パラレルワールドに、
ワープした。
変な宗教が、繁栄していた。
後ろ向きに、拝むのが基本らしい、
やってみた。
変な老人が、話しかけて来た。
「あなたは、もしや、、、」


良く分からないが、
私を何か、芸能人のファンクラブの会長と、
勘違いしているようだ。
面白いから、「そうだ」
と、言った。
「どうぞどうぞ」と、
招かれた。
どうも、そのファンクラブの会員を、
全て、勧誘したいようだ。
部屋に上がった。
「最上」をお付けしますと言った。
「最上」?


おばはんが来た。
「最上」とは、
最上の女性のようだ。
が、おばはんだ、、、、
慣れ慣れしく、寄って来た。
向こうに行かした。
「私が、病気だから嫌なのね」
と、言った。
それなら、なおさら嫌だ。
柱にもたれ、女は泣き崩れた。
そのうち、不気味なうめき声を上げた。
「シ、シラミが、、、」
と、叫ぶと、見た事無い虫が、
女の股ぐらから、大量に出て来て、
一気に部屋を埋め尽くした。


に、逃げろ!
慌てて外に出た。
走った。
しかし、凄いスピードで、
今度は町を埋め尽くした。
追いかけて来るシラミの大群!
ダメだと、思った時、
サイクリング車を発見!
またがり、必死に走る。
しかし、早い、追いつかれそうだ。
何故かこの先に神社がある事を知っていた。
そして、その神社の木は、全て御神木で、
それを食べらすと、死ぬらしい、
それは、シラミでは無く、
シロアリだ、、、


暫く行くと、
真っ黒の箱のような建物が、
中央に卍のマークが、しかもでかい、
卍は神社では無く、寺だ、、、
シラミがその建物に群がり、次々と白くなり、
空に舞い上がる。
まるで、マリンスノーのようだ。
町中が真っ白になった。
場面が変わり、大きなトイレの中にいた。
そこに大きな便器が、
その排水溝に飛ぶ込むと、
元の世界に戻れるらしい、
見ると、クソだらけだ。
嫌だ!
と、思ったら、目が覚めた。
良かった、、、、
汗だくだ、、、
そりゃ〜シラミの大群に追いかけられたのだ。
当然だ、、、、