黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

紛れも無い事実、、、

これは、事実だ。
いや、毎回事実なのだが、
少し前、不思議な夢を見た。
何故か、子タヌキが出て来た。
両手の指に、
魚釣りの糸のような物が、
絡まっていた。
それを、取っている。
じっと、見ていた。
取れた。
すると、
「僕、一人で、できまちた」
と、子タヌキが喋った。
何とも可愛らしい、
これは、多分、
現在放送中の、
犬が喋るドラマのCMを観たからだろう、
そう、思った。


そして、昨日の続きになる。
金髪に、流木を防腐剤で、
真っ黒に塗られ、
仕方なく、夕暮れ、
大和川に走った。
ここに来ると、いつも何かあると、
書いたが、信じられない事が起こった。
紛れも無い事実だ。
ここ、

ここだ。
歩いていた。
ふと、何かの気配を感じた。
するとそこに、小さな生き物がいた。
子猫か?
ち、違う、手に何かを持っている。
た、タヌキ!
しかも、子タヌキ、
しかも、夢で見たタヌキだ!
大きさも、色も同じだ。


手に、カニのようなものを持っているので、
夢で見たポーズと、同じだ。
信じられない、
一気にテンションが上がった。
じっと、こっちを見ている。
そのうち、面倒臭いな〜と、
いう感じで、草の中に消えていった。
日が沈む、が、流木どころではない、
子タヌキを探した。
どうしても、写メを撮りたい、
探した。探した。
しかし、この日は満潮、
思うように、歩けない、
見つからなかった。
残念、
しかし、今年はカニが多い、
それを食べて生きているのだろう、

不思議な出来事だ。


そして、一人、流木を集め、
車に積み込んでる時、
何かが足に絡まり、
こけそうになった。
見ると、魚釣りの糸が足に巻き付いていた。
どこまでも、不思議な一日だ。