黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

大和川

何度、通っているのだろう、

大和川
ここに来ると、いつも何かある。
前回は、水門で猫が溺れていた。
そして今回は横に這わす。
細い流木を拾いに来た。
歩いていると、何か聞こえる。


意味の解らない声、
こんな感じだ。
「ぐぇれるらぐうううぇ〜」
しかも、でかい、
見ると、作業服を着たおっちゃんが、
水門で叫んでいる。
「ぐるるられがうわええら〜」
発声練習とも思えない、
な、何だ?
恐る恐る近づいた。
逃げた、、、
おっちゃんは遠くに行き、
又、声が聞こえた。
「らぐるろおうぇうぇろがうあえ〜」
なんなんだろう?
さっぱり、解らない、


そして、流木を集め、
帰った。
そして、先日、流木を編んでいた。
真打登場!
ヒデヤがいかに出来たかを、
3日間に渡って書いた。
実に長い前振りだ。
出た!
金髪(何をしても、決して自分は悪くないと、
何故か自信満々の名古屋人の従業員)
流木を、花壇に挿すので、
水が掛かって腐るから、
防腐剤を塗ってくれと頼んだ。
こういう事になる。

故に、こういう風に塗る。

これは何日も前から、
説明し、絵にも描いている。
本人も、
「水に濡れるからですね」
と、言った。
任せた。
水?水?、、、
雨?、、、
はい!全部塗りまちた!

真ん中が、普通の流木だ。
いい色合い、風合い、
両側、防腐剤を塗られ、
真っ黒な棒になった流木、
信じられない、、、


何故、解らないのか、
これでは、ただの黒い棒だ。
公務員なら、こんな事をしていても、
会社が潰れる事は無いが、
私たちは自営業だ。
赤字が重なれば、
店は潰れる、、、
家族全員、路頭に迷う、、、
流木とて、飾りに使えば、
立派な商品だ。
何故、こんな馬鹿な事をするのか?
流木の良さは、自然な風合い、
持ち味が大事だ。
訳の解らん、ダサいTシャツ、
カスタムしたバイクに名古屋ナンバー、
日頃から、オシャレに気を使え、
と、何度言っても、
全く自分を変えない、
故に、センスの欠片も無い、
ニーチェ曰く、
「天賦の才が無いと嘆くなら、
習得すればいい」


これは、芝居で例えるなら、
自分の一つのセリフに、
一杯一杯になり、
いや、それだけを仕事と思い、
芝居の全体の流れや、
テーマ、主張と言ったものを、
全く理解していない、
そしてまず、人の話を聞け!
仕方ない、西日の傾く中、
又、大和川に走った。
前日、イワンレンドルVSマイケルチャンの
あの激闘を、動画で観た。
17歳3ヶ月、
マイケルチャンは諦めなかった。
47歳6ヶ月、
ここにも諦めない男がいる。

金髪は言う、
「僕は反省しないです。
反省すると前に進めないから」
反省しないから、前に進めないので、
お前はそのままなんだよ!
馬鹿!
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村