黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

老人と海

ヘミングウェイの、
名作「老人と海
そのお話が、
実話である。
ドキュメンタリーだ。


与那国島の漁師の生活を、
淡々と描いた作品だが、
実に綺麗で、リアルだ。
その島に、一人の老人がいる。
82歳、カジキを追い求める。
一人、ポンコツの船(サバニ)に乗り、
勇敢に漁に出る。


よその船が、見事なカジキを釣り上げるのを、
尻目に、一人、黙々と、
ばあさんの為に、漁に出る。
しかし、ドキュメンタリーだけに、
過剰な演出が無い、
その分、時間が長く感じる。
かなり、辛い、、、


途中、何を観ていたのか、
解らなくなって来たが、
頑張った、、、
ラストシーン、
これには、参った。
声が出る。
無性に応援してしまう、


ご老体が、現役のラグビー選手に見えた。
凄い死闘だ。
この御高齢で、、、
信じられない、、、
俺は何をしているのだ。
酒を飲み、グダグダ言っている場合か?
「おめえ、馬鹿じゃないのか」、
と、老人に叱られたような気がした。


先人を敬う事も出来ない、
馬鹿な若者には、
このラストシーンだけでも、
観て貰いたい、
男の生き様がここにある。
愚痴を言わず、ただ黙々と、
淡々と、目標に向かい、
成し遂げ、飄々としている。
ワーワーギャーギャー、
あーだ、こーだ、
喚くのではなく、
これが男であり、豪胆と言うのだ。
と、改めて確認出来た。


少々辛い映画だが、
最後まで、諦めず観る事を
お勧めする。
船酔いがキツイ人は、
気をつけて下さい、
リアル「老人と海
http://rojintoumi.asia/
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村