黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

BOX 袴田事件 命とは

うん〜、うん〜
唸ってしまう、
これは、直視出来ないものを、
真正面から、撮っている。
オカルトや、ホラーとは、
全く異質の恐怖が、
そこにある、、、
BOX,


これは、実際にあった。
1966年の、
所謂「袴田事件」を基に
作成された映画なのだが、
こ、恐い、、、
自分がそうなったらと考えると、
冷たいものが、背筋を滑る。


監督は「道元」で以前書いた
「高橋判明」監督、
実に独特な。切り口だ。
人が、人を裁く事の難しさ、
限界、矛盾、
魑魅魍魎のように、
人の意思が、蠢く、


それを、ピンセットで、
一つ一つ、摘み出す。
そして、始まった
裁判員制度
いつの日か、
順番が回ってくる
あなたに、
見てもいない事件で、
会った事も無い人を
死刑と言えますか?


気概を持ち、
人を裁く事に、
精進出来るのだろうか?
私のような人間にも、
この制度は回ってくる可能性はある。
それを聞くと、恐怖は倍増するだろう、
賛否両論ある難しい問題だが、
この映画の主張は正論であると、
私は思う、
しかし、観るなら、
心して観て頂きたい、
命の重みが、
画面から、溢れ出ている。
BOX、、、、
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村