黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

クレージーハート

苛立つ、腐る、
腹立たしい毎日、
逃げ込む場所も無い、
断崖絶壁を登りながら、
一息ついた。


気付けば、
前しか見ていなかった。
これじゃダメだ。
DVDを大量に借りた。


寝る時間を削った。
観た
良かった、、、
「クレージーハート」
2010年公開作品だ。
こりゃ相当な大人の映画だ。
ある時点までの、
経験値がなければ、
ただの飲んだくれ親父の日記なのだ。
口だけの若者には、解らない映画だ。


それなりの経験を積むと、
身につまされる。
主演「ジェフ・ブリッジス
が、実にいい、
もっと過小評価される俳優NO1だったが、
この映画で、主演男優賞を受賞、


いや、それ以上の価値がある。
最初、誰か解らなかった。
歌、ギターが上手い、
なんと、ミュージシャンで、画家で、
写真家、、、
知らなかった、俳優さんだけだと思っていた。
そして、少しブルースよりの、
カントリーソング、
アメリカ南部の情景、
実に綺麗だ。


子供の時は、ああいう所に住む予定だった。
この「ジェフ・ブリッジス
多分、初めに観たのは、
1974年「サンダーボルト」
か、1976年「キングコング
だと思う、
そして、1982年の「トロン」
現在の「トロンレガシー」
後は、渋い映画に数々出演しているが、
私がもっとも印象に残っているのは、
1988年「タッカー」だ。


しかし、カッコいい、
メチャクチャいい歳のとり方だ。
こんな親父になりたい、、、
願うだけだが、、、
佐野元春氏や、
泉谷しげる氏も絶賛している
この映画、
必見の価値ありだ。


一つ、バーテンダーとして、
気になる事が、
主人公の愛飲酒、
バーボンだと思うのだが、
「マクルーア」??
聞いた事も、見たことも無い、
バーボンの新種か?
調べた。
これは、架空の酒のようだ。
主人公が、アルコール依存症の為、
大手メーカーや、人気のブランドが、
関わりたくない、と言う事で、
架空のブランドを作ったようだが、
なかなか、格好いいラベルだった。


最後に、
この「ジェフ・ブリッジス
写真集や、CDの売り上げを、
飢餓に苦しむ子供達に、
送り続けているそうだ。
どこまでも、出来る男だ。
http://movies.foxjapan.com/crazyheart/
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村