黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

30年

あれから、
そう、あれから30年、
あれは、17歳の夏だった。
今年、47歳、
30年になる。


何度来たのだろう、
そして、又来た。
が、な、波が無い、、、

そう、磯ノ浦、
朝、PCで波情報を確認した。
腰、腹になっていた。
そこで、GO!
が、それは昨日の情報だった、、、


でも、折角来たので、
入る事にした。
近所のBARのふとっちょフトシを、
拉致、無理やり連れて行った。
海パンを渡すと、
放心状態になり、
車の中で、帰っらしてくれ、
降ろせと、
ずっと叫んでいたが、
無視、、、


しかし、海に入ると、
ケラケラ笑っていた。
しかし、寒い、
堪らず上がった。
金髪も上がって来たが、
何故か、小学生に囲まれていた。

思わず笑ってしまった。


見に行くと、
社会勉強の質問をされていた。
そいつは、名古屋人だ。
よく、解からんはず、
仕方ないので、代わりに答えた。
「磯ノ浦のいい所は、
どこですか?」
と、何ともアバウトな質問だ。
「ん〜大阪から近い所かな」
「海が綺麗になった所」
「サーファーのマナーが、
よくなった所」


「おっちゃんは今年で、30年目やでぇ〜」
と言うと、かなり、驚いていた。
そりゃ〜そうだ。
この子達は産まれていない、


あまりに寒いので、
すぐ止めた。
ふとっちょフトシが仕方なく、
ボードを洗っていたが、
体がでかいので、
何故か、ベテランの、
ロングボーダーのように見える。


バイパスがぐんぐん伸び、
どんどん近くなる「磯ノ浦」だが、
残念な事に、
みさき公園の前に、
引っ越した。
「まるくま商店」
焼き肉屋さんが、
無くなっていた、、、

肉をサービスしてくれた。
豪快な大将だった。
「まるくま商店」


やはり、相当な不景気なのだ。
残念だ、、、、
今年は、忙しいくなりそうなので、
何回来れるか解からないが、
頑張って行こう、
待っていてくれ、、、