黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

1963,12,14

1963,12,14
その日は土曜日だった。
姉が、前の日、
13日の金曜日に生まれる。
悪魔の子が生まれると、
騒いだらしい、
そう、その日は、
私の誕生日なのだが、


奇跡的な事が、
先日起こった。
一見で来られた。
長身のモデルのような美人さん、
私は30代前半だと思った。
が、なんと、1963,12,14
なのだ。
多分、人生初の出会いだ。


年代違いでは、何人か知っているが、
同年代、しかも、美人、
かなり嬉しい、、、
なんと、血液型まで同じ、
これでは、占いが同じになる。
昭和38年、いて座のA型


その日は、珍しく忙しかったので、
あれこれと、話が出来なかったが、
一度、ゆっくり話してみたいものだ。
占い通りなら、
同じような経験をしているかも知れない、
いや、実に驚いた。
こんな事があるのか、
可能性はあるだろうが、
目の前に現れるとは、、、
人生とは、不思議なものだ。
そこで、調べた。
昭和38年の出生率だ。
「こんにちわ赤ちゃん」
のヒットと、「優生保護法」との狭間で、
微妙な数字だが、
1,659,521人だった。
それを365日で割ると、
平均で、4,546人となった。


世の中には、4500人ほど、
同じ誕生日の人がいる事になる。
どこにいるのだろう?
いてますか?
1963,12,14生まれの人


あなたにも、そんな経験ありますか?