黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ドッグ・ノーズ

何故なのか、
最近、アクセスのキーワードに、何度か、
「ドッグ・ノーズ」のレシピとある。
何かで取り上げられたのだろうか?
かなりのアクセス数だ。
が、「ドッグノーズ」
のレシピは、ビールに、ジンを注ぐだけの、
シンプルなカクテルなのだが、

ジンは45mlだが、
少し、量を控えた方が、


喉越しもよく、飲みやすい、
要するに、「爆弾」というスタイルだ。
これが、「バーボン」になると、
「ボイラーメーカー」、
他にもビールカクテルでは、有名な「レッドアイ」
や、「ミントビア」、「カンパリ、ビア」
「シャンディー・ガフ」等と、
色々あるが、確か名前は忘れたが、
カルーアを注いだものもある。
飲んだ事は無いが、いや、あまり飲みたくは無い、
そこで、新しいカクテルを考えた!


笹の川酒造の「チェリーウィスキー」
を、ビールに落とす。
30ml程度がいいだろう、

我が父、勝夫も生前は、、、
いや、まだ生きている。
この飲み方だった。
勝夫のレシピは、常温ビール1に対して、
ブラックニッカが、1だ。
1:1、、、今思えば信じられない、
しかも、常温、、、


このカクテルは、
「チェリーウィスキー」を使う事から、
名づけて「チェリー・ボム」
カミカゼ」と言う、
有名なカクテルはあるが、
実はこの「チェリー・ボム」も
実在するカクテルだ。
ジンとチェリーブランデー、レモン、
グレナディンシロップ
をシェークするのだが、


中には、バーボンウィスキーと、
チェリーブランデーに、
卵白等が入るレシピもある。
が、当店では「チェリー・ボム」
と言えば、これだ!


飲みやすいが、非情な酔い方をする。
店の終わりに、作って飲んだら、
3杯ぐらいで、足を取られた。
「足払い」という、
名前でもいいかもしれない、
ん〜5杯目ぐらいからは、
「大外刈り」と名前が変わり、
最後は「山嵐」となるだろう、
意味が解らん、、、


山嵐」は以前、食らった事がある。
泥酔で、自転車の前のブレーキだけを、坂道で掛け、
体が弧を描き、宙を舞った。
顔面から落ち、首が異常な角度で曲がり、
前転するような格好で、背中を打った。
おかげで前歯が欠け、首が鞭打ちになった。
正に、「姿三四郎」、、、
に投げられた人だ。
飲み過ぎ注意なのだ。


まあ、一杯ぐらいなら大丈夫だ。
一度お試しあれ!
アクセスランキングに参加中!
▼クリックして下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村