黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

防潮堤

震災の事は、もうあまり書かないようにと、
思っていたのだが、少し気になる事がある。
嫌なニュース番組を観た。
我が町、大正区なのだが、
特集が組まれていた。
今回の震災のような、
規模の津波が来れば、
殆どが、浸水する。


と、夕方のニュースで流れていた。
ん〜、それは、そうなのだが、
それを少しでも、
回避する為に、
「防潮堤」があるのだが、


あの日、私は尻無川にいた。
津波の到達予想時間は、かなり過ぎていたが、
確かに、強烈な流れが、下流から来た。
しかし、「防潮堤」は閉まらなかった。


確実に、各地を次々と到達して来た津波なのだが、
規模は小さいにしろ、
到達していた。
これは、色んなデーターを取り、
完全に、安全という事で、
閉めなかったのか?
変な混乱を避ける為に、
閉めなかったのか?


訓練で、昼間に閉めている所を何度も見たが、
あの日は、本番だったのでは無いのだろうか?
しかし、津波が来たら、まずは我が家だ。
前には、IKEAしかない、その先は海だ。
気になり、IKEAを覗いて来た。


平日なのに、なかなかの盛況ぶりだ。
コーヒーだけ飲もうと思ったのに、
あれこれ買ってしまった。
しかも、袋を買わないと、
袋が無い、知らなかった。


商品をそのまま、持っていたら、
何度も落とした。
恥かしかった。
帰り際、
綺麗な夕日が見えた。
こんな平穏な日だったのだろう、
あの日の被災地も、、、


そうあの日、何故、
「防潮堤」は閉まらなかったのか、、、