黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

国難に立ち向かえ なみなみ、くんち

皆、声が届いているだろうか?
被災地や、関東方面に比べると、
何も、文句は無いのだが、
大阪の商売人も、
二次災害に苦しんでいる。


た、助けてくれ!
皆、悲痛な叫びだ。
義援金どころか、支払いが回らない、
最大の国難、思い知らされた。
しかし、ピンチは最大のチャンス!
前に進むしかない、
頑張れ!日本!
頑張れ!大阪人!


そして今日はこれだ!

大阪は西区で、
生で食べられる豚、
「芳寿豚」を扱う店、
「なみなみ」だ。
先日、店主「町田」氏が来店し、
近況と、今後の事を話し合った。


しんどい時、辛い時、
そんな時ほど、付加を掛ける。
自虐的だが、楽しい人生だ。
「逆噴射」
ピンチは最大のチャンスでもある。


商売人は逃げられない、
何故、今、関西が自粛なのか、
これが、さっぱり解らないのだが、
消費しなければ、お金が回らない、
すなわち、被災地にもお金が回らない、
その為、私も、町田氏も頑張っている。

そして、これは町田氏の、
南森町のお店「くんち」だ。

外食産業に押し寄せる。
自粛の嵐、
その真っ只中で、皆、踏ん張っている。
しかし、やはりこれだ!
頑張ろう!


詳しくはこちらで!
「なみなみ、芳寿豚」
http://www.naminami.co.jp/
南森町 くんち」
http://r.gnavi.co.jp/k070205/