黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

神話戦士 ギガゼウス

関西TVの深夜枠で、
強烈な番組が始まっている。
その名も「神話戦士 ギガゼウス」
特撮ヒーローものなのだが、
これは、一種の社会風刺番組だ。


多分、今の若者が、
ヒーローになれば、こうなる。
と、言うような事なのだが、
数名の隊員で構成されるのだが、
それなら、戦隊になるはずなのだが、
あくまで、戦士だ。これは、過剰労働を避ける為に、
ローテーションで、「ギガゼウス」に変身する。
何故なら、これは会社なのだ。
その名も「(株)ゼウス技研」
多分、訴訟を起こされないようにとの、
配慮なのだ。


ん〜画期的アイデアだ。
しかし、隊員がいない、そこで、チラシで募集を掛け、
就職説明会が、行われる。
その会場、「質問のある方」の問いに、
若者が、「この説明会、交通費出るのですか?」
正に、現代を反映したような、答えだ。


そして、女性隊員が、
基地内部の事、敵の事等を、
自らのブログで、公開し、
秘密が全てバレてしまう、


久しぶりに純粋に笑ってしまった。
又、補欠隊員に、机でうな垂れ、
顔も見せず、一言も喋らない。若者がいるのだが、
これは、政府の補助金欲しさに、
「ひきこもり」の青年を連れてきたのだ。


何故か、敵の襲来時間と、日時が解る。
その為、その日は14時入りだった。
しかし、敵の怪人は、少し早くから、
暴れだした。
大阪弁を喋る隊員の一人が、
ベンチに腰かけている。


暴れる怪人、隊長が、
「何をしてるんだ!」と、
怒鳴るが、「14時入りって、聞いてますから」
と、戦意ゼロ、
挙句、早く上がりたいと告げる。
先輩と、パスタを食べる約束をしたからと、、、


そして、絶対にヒーローものには、
似合わない風貌の、背の低い隊員が、
遅刻、、、、
母親の車で送られて来るのだが、
車内で親子喧嘩勃発!
「ばばあ!」「ばばあ、うるせい!」
「あんた、夜中にパソコンで、
厭らしいの観てるでしょう、気持ち悪い!」
「うるせい!ばばあ!」


どうだろう、まだまだあるのだが、
このような、特撮ヒーローもの、
ウルトラセブン」年代には、
驚きの作品だ。


しかし、作りこまれている。
スタッフの知能の高さが伺える。
一人、熱血漢の隊長だけが、
経験者なのだが、
私には、バブル経験者に見える。
私達の年代、
女性にお金を出させるのが、
一番恥かしい行為だったのだが、
今は当然のように、割り勘だ。


しかし、この温度差は、
今の私の店の、
カウンターの中と、外のようだ。
幾ら、熱く語ろうが、
若者は、飄々としている。


今の若者に対しての、
中年世代の心の叫び、
そんな番組、
「神話戦士、ギガゼウス」を
これからも応援したいものだ。


HPはこれだ!

http://www.ktv.jp/gigazeus/index.html


そして、真打登場!

義援金ボトル第4弾!
高級ブランデー
「レミーマルタン セントリモージュ


そして、モルトファン
お待たせしました。

アメリカンなラベル、
なんだろう、これだ!

そう「スモークヘツド 18年」
なかなか、マニアックな逸品、
強烈な、煙臭、
「アードベック」と、言われているが、
蒸留所は非公開だ。
1本しかない、お早めに!
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村