黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

書類の山、、、

初めに、いつもコメントを戴いている。
「イクポン」さん。
御来店ありがとうございます。
いや〜思った通りの良青年だった。
これからも遠慮せずにコメントして下さい。
いや〜昨夜は忙しかった。
入れない人も出てしまった。
しかも独身男性の宝庫になったのだが、
一瞬で終わった、、、、
忙しいと言えば、プライベートの方だ。


見てくれ〜

書類の山だ。
次々と書かされる書類、
これには閉口する。
「譲渡証明書」
「船検書」
そして次々と払わされる。
手続き代、、、
トホホホ、、、


いや〜何かと苦労の絶えない、
船のオーナーなのだが、


ん〜と唸りたくなるが、
皆、期待しているので、
頑張っているのだが、
大変な所業だ。
が、しかし遂に川を走る日が来た。
川と言っても、「木津川」、
そして「尻無川」
この船の申請では、大阪湾までしか行けない、


しかし、エンジンは小さい、
大阪湾にも行けない、、、
本当に走るのか?
その答えがもうすぐ出る。
多分アラレちゃんに出て来る。
刈り上げ少女の三輪車ぐらいのスピードなのだが、
悠長で実に良いではないか、


この船は元来、店のサービスの一環で購入した。
だから、一人でも多くの人に乗って貰いたい、
さあ温かくなって来る。
桜を見に行こう!
遠慮せずに乗ってくれ〜
だが、本当に走るのか?
「、、、、、」


そんな事も気にせず、音楽を聞きながら、
船を磨く、金髪、、、


そしてこれがBARin所有の「ROSEBANK」号の
全貌なのだ。
操縦席はこれだ!

後ろの席は老朽化していたので、
自分で作り直した。
なかなかの出来だ。

さあいよいよ出航だ!