黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

気になる人物 提婆達多

最近BARの事を良く書いているが、
ドラマ「バーテンダー」でよく検索が掛っているので、
少し話題を変えよう、酒馬鹿のBARのマスターのようだ。
しかし、やたらとやる事が多い、今日この頃なのだが、
それでもこうやって、合間を見つけ、ブログを書き、
犬と遊んでいる。実に慌ただしい日々だ。


こういう時は、心を落ち着かせる為に、
昔の事を思い出すといいらしい、
と、海馬に告げたら、妙なものを引っ張り出した。
一連の「伊達直人」運動の中にその人物はいた。
「愛の戦士 レインボーマン
ん〜実に懐かしい、「インドの山奥で〜修行して〜」
のテーマソングが、前頭葉を横切っていく、
しかし特筆する点はこの次のフレーズなのだ。
「ダイバ〜ダッタの〜魂〜宿し〜」


どうだ意味が解らないだろう、
そんな軟弱な若者達に、説明しよう、
この「レインボーマン」なる主人公が、
超人的能力を得るのには、師匠がいるのだが、
初めはプロレスが強くなりたくて、弟子入りするのだが、
その人物が、「ダイバダッタ」なのだ。
正式には「提婆達多」(テーヴァダッダ)と発音し、
漢字ではこのように書く、では「ダイバダッダ」とは?


仏教の聖典によれば、釈迦佛の従兄弟という事なのだが、
ようは、弟子の一人なのだ。
が、しかしここからが信じられないだろうが、
お釈迦様のお弟子さん=いい人、、、
NO!
この人物「ダイバダッダ」は極悪人なのだ。
弟子でありながら、裏切り行為を犯す。
その名も「三逆罪」オーなんてこった!


誰も聞きたくも無いだろうが、
弟子に裏切られるとういう気持ちも、
解るし、乗りかかった船だ。
最後まで話そう、「三逆罪」とは?
1「破和合憎」
これは簡単に言えば、宗派を裏切り、
新たな宗派を作ることなのだ。
2「出仏身血」
これは山の頂より、大石を投げ、お釈迦様の
足の指を出血させたという罪
3「殺阿羅漢」
これが恐ろしい、お釈迦様を殺すと言った
「ダイバダッダ」を説得しようとした
「蓮華色比丘尼」(レンゲシキ ビクニ)
この人は女性で、お釈迦様の弟子の
一人なのだが、なんと「ダイバダッダ」は、
鉄拳で殺す、、、
という事なのだが、現代の仏教学では、
この「ダイバダッダ」の捉え方はやや違ったものに
変わってきている。その事をブログに書いている方や、
研究されている方は、非常に多い、
例えば「スケープゴート」所謂「生贄、身代わり」
にされたのではと言う意見も多いが、興味のある方は
自分で検索して下さい、宗教的な事で、かなり根が深いのだ。
では話を進めよう、この一連の悪行により、


「ダイバダッダ」は生きながらにして、
「八大地獄」の最下層「無間地獄」(阿鼻地獄)に落ちる事になる。
この「八大地獄」だが、「八熱地獄」とも言われるのだが、
八というだけあって、八つあるのだが、この「無間地獄」は
他の地獄とは違い、格段と苦しみが違う、この地獄になるには、
父母殺しか、阿羅漢(聖者)殺しが加わるとこの地獄になる。
「無間地獄」に比べると、他の地獄は夢のような幸せだという、
そしてこの「無間地獄」、逆さまに自由落下速度で、落ち到着するのに、
2000年掛かるのだ、、、


そんな師匠を持つ「レインボーマン」とは、、、、
             つづく、、、

愛の戦士レインボーマン M作戦編 [DVD]

愛の戦士レインボーマン M作戦編 [DVD]