黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

船通信 寒い、、、

やっとの思いで、三隻目となる。
型は古いが名艇「ガルーダ」の、メンテナンスが終わった。
昨日、雪の振る中、綺麗にする為、掃除をした。

ここに来るまでに、何十時間という労働と、
多額のお金を使った。
しかし、隣の船はでかい、、、
本当に不景気なのか?


まあ、私もそうなのだが、最終のメンテ代も凄い金額になったが、
怯まない、こんな無駄遣い、今まで数千万円にはなるだろう、
性分だ。諦めている。
しかし、こういう時に、誰でもいいのだが、少しでも手伝いに来れば、
自分の世界観を変える。絶好の機会なのに、
殆ど誰も来なかった。船は車と違って、自分でするメンテが多い、
それを労働と、思うから嫌になる。
趣味と思えば、それまでなのだが、
その切り替えが出来ない人は、退屈な人生になるだろう、


又、世の中にはこんなにお金持ちがいるのかと、
一瞬で解る光景が、そこには広がっている。
千本松大橋を渡った所に、信じられないぐらい、
でかいクルーザーがそこら中にごろごろある。


一般庶民だけが苦しく、お金持ちは何も変わっていない、
どころか、物価か安い分、逆にお金持ちはお金が貯まるばかりなのだろう、
羨ましい、、、、
ま、それはそれで仕方が無い、
船をメンテし、改造して自分で乗るのは、実に面白い、ゴールが無いのだ。
与えられた物でしか遊べない、
今の若者には是非、経験して貰いたいものだ。


人の作ったTVゲームを買ってくるのでは無く、
ゲームを自分で作るようなものだ。
価値観が根底から違う、そしてゲームの中の作られた
アクシデントでは無く、本当のアクシデントが起きる。
ゲームでは死ぬ事は無いが、船は死ぬ、、、、
例え、川であろうがそれは起きるだろう、


それなりの心構えで望まなければならない、
心構え、それが大事だ。仕事でも、遊びでも、
それがなければ、愚痴になる。
いや〜実に苦労したが、苦労と思っていないので、
苦労ではないのだ。これが苦なら、プラモデルは絶対に売れないはずだ。
そこの意味が解るだろうか?


意味が解らないのは、船を持っている方とは、
話が全然合わない、価値観と遊び方が違うからだ。
すぐにエンジンは何馬力ですか?
という質問して来るが、15馬力だ。
ええ〜っと言われる。これは、単純に
船=海という考えしか無いからだ。
馬鹿の一つ覚え、皆がそうだから、
自分もそうする。


人と同じ事をしたくない、
私には船=川という考え方しかない、
若い女の人も海に行けますか?
としか聞かないが、皆そんな事も知らない、
船=フェリーと思っている。
そんな小さな船で、南港辺りにでも出たら、
多分、口も利かなくなるだろう、



恐ろしいぐらいに、船は上下運動をする。
足腰に強烈な衝撃を受け、
大阪湾の海水の洗礼を絶え間無く受ける。
穏やかな日でそれだ。
少し荒れたら、大変な事になる。


服はびちょびちょになり、
陸に上がると、足に筋肉痛が走る。
それに耐えれるだろうか?
無理だろう、、、
それに私は漁師では無い、
魚を取って暮らしてはいない以上、
海に出る必要も無い、


大体、船が欲しいのは、
イギリスやスコットランドの川下りを
見たからだ。電車のように長い船で、
川を走る。所々、水位の違う場所があり、
水門で水位が上がるのを、
悠長に待つ、何とも長閑だ。
それが世界観なのでは無いだろうか、
これだけ、ネット世界が発達しても、
そんな事も知らない人間で、溢れているのが、
現状だ。世界に目を向ける素晴らしいアイテムなのに、


春には中ノ島の桜は綺麗だ。
冬もイルミネーションが美しい、
それで充分なのだ。
そういう遊び方はこれから水都の整備が進めば、
増えて来るだろう、
しかし、それもこれも、マニュアル型人間には、
全く理解出来ないだろう、


全てが破天荒、いや先の未来をいつも見ている。
私の考え方だ。
家=大型ウッドテラス
店=場末の高架下に本格BAR
船=川下り
殆どの人が付いて来れないのが現状だ。


しかし、何もかも自由である事も否定できない、
実に面白い、まあ暖かくなれば、川下りに行こう、
全ては私が用意した。
後は乗るだけ、楽勝だ!


ゆっくり走り、川から見る桜は綺麗だ。
川は臭くないですかという人もいるが、
そんな人は早く大阪を離れ、山の上か、
綺麗な海の前に住みたまえ、
大阪中、川の匂いで充満してますよ〜!
ばーか!


お前はセレブか?と言いたくなる。
まあ詰まらん話はもういい、
時間と、金を掛けた。
BAR in号で楽しもう!
花見船は予約受付中なのだ。