黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

気になる人物 晃市のマスター

大正区で今や、名店とされるお店がある。
43号線の近くにある。
「レストラン晃市」だ。
マスターとは長い付き合いになる。
もう20年以上だ。


最近ご無沙汰だったので、行って来た。
早い時間だったが、店は満席、
大繁盛していた。
予約がなかったら、難しい状況だ。
この不景気にたいしたものだと、感心した。


金曜、土曜は完全に予約が無かったら、
入れないそうだ。
いや〜頭の下がる思いだ。
そしてこの店には思い入れがある。


過去3回程改装しているが、
私が全てデザインして来た。
今のデザインは10数年前、
拘りのマスターだけに、
殆どが、手作りだ。


手作りのワイングラス掛け、

鉄筋を溶接して作った。
この迫力で今もワインはかなり出るらしい、
そして、手作りブラケット

これも鉄筋でわざと不規則に溶接した。
なかなか味がある。と、自分でも思う、
そしてこれも手作りブラケット、

これは鉄板と鉄板を溶接、
上の鉄板を曲げ、丸みを付けた。


ん〜この頃はかなりの数の店舗をデザインしていたので、
頭が冴えていたのだろう、
圧巻はこれだ!

マスターの要望で、私自ら作った。トイレの中にある。
ち○このオブジェだ。
こちらは2回目の改装の時の作品で、
20年近く経っているが、
全く形は崩れていない、


これを作るのに、一度失敗し、
丸四日程掛かった。
これは職人さんには出来ない、仕事だ、、、
日本中でもち○このオブジェが作れるのは、
そういないだろう、
しかし、ち○こを頼まれたのは、初めてだ。
苦労した。


水道の排水パイプで形を作り、
セメントを少し硬めに加減しながら練り、
セメントを短時間で固める。
薬剤を使い、少しずつ丁寧に積み上げていった。
盛っては休み、盛っては休みの連続だ。
最後はサラサラのセメントで艶を出した。


結果、目立つヒビは今も見当たらない、
このトイレは他にも、色んな所に、
イデア満載の自慢の作品だ。
しかしやはり、どんなに凝っても、お客さんが入らなければ、
意味が無い、その点この店は、満足な結果だ。
良かった。マスターの顔色も良かった。

やはり同じ人間がデザインしている。
当店の入り口とよく似ている。
ドアはそっくりだ。


行きたい方は店で、場所と電話番号を教える。
私の自信作「レストラン晃市」を是非見て欲しいものだ。
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村