黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 ラフロイグ・ムーン 禁断の美酒

恐ろしい酒が、今当店に君臨している。
その名も「ラフロイグ・ムーン」
これは以前も書いたが、「ラフロイグ・サン」
を第一弾とする。第二弾なのだが、
59,9度という、豪快な度数、
しかも、ラフロイグ、ん〜、と唸りたくなる。


以前、アードベックの60度超えの「スーパーノヴァ
こちらはすぐに、1本目が空き、2本目なのだが、
ラフロイグ・ムーン」は一向に減らない、、、
果敢に挑んだのは、K大君、飲み終わると、
同じ事を、何度も呟いていた。
やられている、、、
ラフロイグ・ムーン」のせせら笑う声が聞こえた。


そして当店、最強のセイントにして、女子、
肝臓を四つ持つ女、あ嬢が挑んだ。


(プロジェクト・Xのナレーションで)
それはかなり飲んでからの挑戦だった、、、
彼女の手が止まった。初めて見る光景に、
一同、たたずを飲んだ。


何度も見た、やはり半分の所で、止まったままだ。
かなり飲みづらいのか、苦労が計り知れない、
しかし、彼女は諦めなかった。
多くの期待が、彼女の背中にのしかかった。
グラスを持った。皆が見守る中、
残り半分を一気に飲み干した。
そして何事もなかったように、
彼女は、グラスを置いた。
ため息とも、感嘆とも取れる声が、店内に響いた。
そして彼女はこう言った。「これは素人さんには無理やわ〜」
解るような、解らないような言葉だった。
そして夜は更けていった、、、、
(プロジェクト・X番外編「琥珀色の化け物」終わり)


そこから大変な事が起こった。
アコースティクで歌う、
我々に急にリクエストがあると言い出した。
それが何と、ク、クイーン???
フレディ?マ、マキュリー???
それはギター等をやっている人は解るが、
さだまさし」が「Xジャパン」を歌うようなものだ。
いや、「吉田拓郎」が「マイケルジャクソン」を
歌うようなものだ。いや、、、もういいだろう、


難解なリクエストを言い残し、
あ嬢は変貌を遂げたまま、お帰りになった。
ラフロイグ・ムーン」は高笑いをしていた。
そして今、私はクイーンのCDを聞いている。


第三の挑戦者、これも女性だった。
飲み干した後、ビール等を飲んでいたが、
同じように、変貌を遂げ、理不尽な怒りを撒き散らしていた。
もう腹がよじれるぐらい、「ラフロイグ・ムーン」は
笑っていた、、、


な、何なんだこの酒は一体、、、
当店の戦士をことごとく、跳ね返している。
これはBARに置いてもいい酒なのか?
疑問が走る。
が、しかし「ラフロイグ・ムーン」は大きく胸を張り、
燦然と立ちはだかる。こんな感じで、、、


これは近年稀に見る禁断の酒だ。
挑戦するのは勝手だが、
責任は取れない、、、
覚悟して欲しい、、、