黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ワンワン通信 寒いよ〜

この姿を見て欲しい

マフラーを巻き、私の服を着ているのだが、
震えている。寒いのだ。
我が家の次男犬「空」(曾良)君なのだが、
イタリアングレーハウンドの、珍しいクリーム色なのだが、
やはり短毛の犬、冬になるといつも震えている。


しかし私と同じく、夏は元気なのだ。
この子は長い事、飼い主が見つからず、
だんだん値段が下がっていった。
信じられないぐらい安くなった。
見に行くたびに、「た、助けてくれ〜」
という目をしていた。
ある日夢を見た。
売れ残った犬がどういう目に合うのかという
残酷な悪夢だった。


次の日、救出に行った。
次女が「いやや〜可愛くないやん」と
言ったが、無視した。
ゲージから出すと、力無く座り込んだ。
おとなしい子だと思った。


連れて帰った。家に着いたとたん。
狂ったように暴れ出した。
しかも我が物顔で、そこら中に小便をまき散らし、
捕まえ様にも凄いスピードで走り回る。
完全に騙された。
そして猛獣と化した「空」は
家具と言う家具をかじり始めた。


高級ソファーも台無し、
お気に入りのロッキングチェアーも
ボロボロになり、全て捨てた。
リビングのテーブルも、かじり尽くされた。
最悪だ、、、
だが仕方ない、自己責任なのだ。


今では大事な家族の一員なのだ。
余りに震えるので、暖房を最大にした。
震えが止まった。

私の服の上に座り、「何が悪いねん」と
言っているようだ。


頑張れ!「空」君、春が来るまで、、、