黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

パコと魔法の絵本

いや〜ビックリした。
TVで観たのだが、こりゃ〜なんじゃ〜
というような、作品なのだが、世界観が凄い、
宮沢賢治のような世界観なのだが、
それに70年代のナンセンスギャグが混ざり、
あげくオチはドリフだった。子供の映画と思っていたが、
違った。大人が充分楽しめる。しかも泣ける


圧巻は日本のアニメの技術だ。
斬新な設定だが、違和感が無い、
しかも役者さんが凄い、はまりにはまっている。
土屋アンナさんは好演だった。
誰が誰なのかも解らない、メイクなのだ。
特に妻夫木聡君は、後で調べて解った程、
気付かなかった。


原作は「ガマ王子対ザリガニ魔人」という
舞台らしいが、観てみたくなった。
この手の作品で、
アリス・イン・ワンダーランド」や
「Drパルナサスの鏡」どちらも観たが
どちらもファンダジーなのだが、力を入れて観ていた。
それがこの作品には無かった。
日本の映画であると言う事は考えられるが、
それだけでは無いのだろうが、
自然体で観れる。
いや〜実に愉快で、涙の出る映画なのだ。


阿部サダヲ氏の熱演にも注目なのだが、
上川隆也氏にも気付かないかもしれない、
CGアニメを含んだ日本映画をナメてはいけない、
反省なのだ。
機会があれば是非観て頂きたい作品だ。
馬鹿馬鹿しさを芸術の粋まで高めている。
凄い!