黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 龍馬ビール

いきなり!DON!

昨年の龍馬ブームは凄かったのだろう、
こんなビールまで出ている。
面白いから、少し買ったが、なかなか苦味が強く、
後味はすっきりしている。
しかし調べるとこの幕末の志士ビールは
な、なんと12人のシリーズなのだ。
驚いた、、、


勝海舟高杉晋作、ジョン万次郎まであった。
こりゃ〜経済効果は絶大なものだろう、
福山様、大活躍なのだ。
今も再放送で、夕方「ガリレオ」を放送しているが、
いや〜このドラマは、作家さんが凄い、「東野圭吾」氏なのだが、
少々強引な所もあるが、キチンと落としてくる。


氏の著書は今や、本屋で見かけない事は無い、
驚くべき小さな点を、細い線できっちり繋いでくる、
信じられない、あれを一人で考えているとは、
どんな頭の中になっているのだ。
あれだけの専門的な事を調べるだけでも、
大変な事だ。ドラマで福山氏が演じる「湯川先生」が
東野圭吾」氏、自体ではないのか、


しかし「龍馬伝」を観る前の
「ガリレオ」より、「龍馬伝」を観た後の
「ガリレオ」の方が遥かに面白い事が不思議だ、、
実に興味深い、完全な贔屓目だろうが、
こんな事が起こるものなのだと感心している。


一度、観て頂きたいものだ。
龍馬が、天才物理学者を演じているように見えのだ。
それなら、「伊勢谷夕介」氏が演じたら、
高杉晋作」が演じているように、見えるのか?
なら、「力石徹」はどうなるんだ!
なんと彼は、役作りの為に、体脂肪率を3〜4%まで落としたらしい、
数字で書くのは簡単だが、凄い事なのだ。
一度座ると立てなくなったらしい、
いいぞ〜高杉、凄い役者魂なのだ。
それより恐ろしいのは、「岩崎弥太郎」が丹下段平なんだぞー!

映画「明日のジョー」公式サイト
http://www.ashitano-joe.com/index.html