黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信 謎のレッドボウモア

シングルモルトウィスキー
「ブラックボウモア」をご存知だろうか?
これだ!

8年程前、少し安くで手に入ったので
当店の常連氏達と均等に割り、飲んだのだが、
今や30万円後半から、60万円程の値が付いている。
とても手の出るようなものでは無い、
たしか発売当初は、定価¥75,000−ぐらいだったはずだが、
恐ろしいぐらい、値段が高騰している。


そしてこれは1964年、
わたしの生まれたのが、
1963年、12月なので、ほぼ同級生だ。
これはボウモアの蒸留所が、
新しいポットスチルに入れ替える前の
商品だと聞いている。
その辺りが価値を上げているのだろう
そしてこれは第一弾だった。


現在は「プレミアムボウモアシリーズ」の第二弾
「ホワイトボウモア」なる物が出回っているが、
こちらも30万円後半から、
50万円の値が付いている。
携帯では見れないかもしれないが、
これだ!http://item.rakuten.co.jp/shinanoya/2700000744062/


不思議な事は20万円もの値段の開きがあるものが、
平然と売られているのだ。
どうも理解ができない。
ある店は30数万円、ある店は50数万円
誰が考えても、安い店で買うのは当然だろう
楽天ショップなどでは、
安いものから、高いものへ
ずらっと並ぶのだが、
わざわざ20万円も高いものを買わないだろう、
摩訶不思議な世界だ。
そして第三弾が控えている。
その名も「レッドボウモア」!!
これも相当の値段が付く事は明らかなのだが、
もう庶民の物では無くなってしまっている。


流石はサントリーさん、、、
儲かると思えばとことん行くのだ。
現在ボウモアの株主はサントリーなのだ。
発売当初は比較的安い値段で出し、
その後プレミアムが付き
値段が上がるのなら納得もいくが、
初めからこの値段ではどうすることも出来ない。
素晴らしいウィスキー程、
多くの方に飲んでもらうべきではないだろうか?
私はシングルモルトウィスキーは、
売る事はもちろんだが、
広めることの方がもっと大事だと思う、
先日も年配の女性の方が、
シングルモルトを飲みに来たが
少しだが、色んな物をタダでお出しして、
シングルモルトの魅力を解って頂こうと、
努力をしている。


メーカー、代理店等、もっと考えて欲しいものだ。
こんな値段では、シングルモルトの世界は広がらない
儲けにばかり走ってはいけないと私は思う
皆さん高すぎるとは思いませんか?

シングルモルトウィスキー大全

シングルモルトウィスキー大全

アクセスランキングに参加中!
▼押して下さいね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村