黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

変わった人達

アスペルガー症候群
この聞きなれない言葉を
ご存知だろうか?
少し前に本屋で立ち読みしたのだが
その時はあまり気に止めなかったのだが
「虚言癖」を調べているうちに
頻繁に出てきたのだ。


私も今,勉強中なので
いい加減な事は言えないが
どうも私はアスペルガー症候群と働いているようだ。
心を何十年か前に忘れて来た名古屋人の従業員
金髪、元々そういうものを持っていたのだろうが
最近特に酷くなってきた、、、
このアスペルガーなるもの
簡単に言えば空気が読めない人達
つまりはKYなのだ。
250人から300人に一人
軽度なのだが、「ビル・ゲイツ」氏もそうらしい
有名なのは、アインシュタイン氏がいる。
それを言うと金髪は何故か喜んでいた。


症状は様々だが、
他人の感情や周囲の状況を理解するのが苦手
これは一方的に喋り、相手がうんざりした表情をしても
止まらない、自分の好きな事しか喋らない
そしてそれは自分が好きな異性に顕著に現れるようだ。
複雑な人間関係が理解出来ない、
その為に対人緊張が極めて高い、
これは金髪がまだお客さんで来ていた頃なのだが
彼は何も喋らず、ずっと座っていた。
信じられないだろうが、それが何日も続き
しかも閉店時間を過ぎても帰らず
朝の5時を過ぎる事も多かった。
当時の私の弟子が、薄気味悪いと言いだした。
私が「宮澤賢治」マニヤだと解かると、
ある日、ポケットから「宮沢賢治」の本を出し
たどたどしい口調で「お、教えてください」と初めて喋った。
それは金髪が現れ、1ヶ月以上経ってからだった。


その時私は対人恐怖症だと思い
店に入る事を薦めた。
するとお客さんが増えると
動きが止まり、目の玉が異常な速度で
左右に動くのだ。何かの病気ではないか?
と疑ったが、何年かしてマシになったが
たまに、忙しい時になっている。
それもアスペルガーの症状の一つで
パニックを起こしているのだ。
最近は失言が多い、別の店で、
お客さんに向かって「とっとと、帰れ!」
と罵声を浴びせた。その人は当店のお客さんでもある。
それから一切来る事は無くなった。
聞くと何故言ったのかが、解からないと言うのだ。
この前はムグ君と「ブルショト」というカクテルの話を
していたら、急に割り込み「そんなんホテル行って、飲んだらええねん」
と言った、営業妨害だ、、、聞けば自分が作れないからのようだが、
私は作れるのに、、、


深刻な問題なので、店が終わってから
金髪と話をした。
すると最後に彼はこう言った
「まあ、あなたも僕が治せて、やっと一人前ですな〜」ハ、ハ、ハ、ハ〜
と、笑っていながら言うと、「帰るで〜」と言って帰った、、、
ミ、ミスター、アスペルガー
いや、アスペルガー男爵
いやいや、アスペルガー将軍、、、
今も金髪の笑い声が、耳の奥に響く、、、

大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリーイラスト版)

大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリーイラスト版)

アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2)

アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2)

ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方 (図解 大安心シリーズ)

ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方 (図解 大安心シリーズ)