黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

ウルトラ通信 新説 怪獣 ジャミラの本当の正体 3

楽しんで頂いているのだろうか
私からのささやかなクリスマスプレゼントなのだが
かなり衝撃的になってしまった。
しかしいくら熱く語ったところで
これは私の空想で、仮説に過ぎないのだ。
そして「佐々木守」氏、「実相寺昭雄」氏が
お亡くなりになられた今日では
確かめようも無い、残念だ、、、


がしかしこれだけでは終わらない
この作品以前に「佐々木守」氏は「ウルトラマン」の
長編映画の企画の際に、なんと天皇制の批判を
盛り込んだ作品を作ろうとし、中止になっているのだ。
氏には前科があるのだ。


そしてこの作品の次のシリーズ
怪奇大作戦」の第4話「恐怖の電話」
でもこの「胎児」というキーワードを使っている。
さらにその後も「赤いシリーズ」の第二弾
赤い疑惑」(1975〜1976)で脚本を担当
「人工中絶」の為に一人の男の人生を
地獄に変えてしまうという、
「人工中絶」の罪深さを訴えた作品を手掛けている。
探せばまだまだあるのだろうが
もう十分ではないだろうか、、、
そしていい機会なのだ。
改めて現在この「人工中絶」問題を
考えてみたいものだ。


2006年2月24日に永眠されました。
佐々木守」氏へ、あなたが40年以上も前に
放たれたメッセージを私は受け止める事が
出来たでしょうか、、、
そして光さえ見ずに消えていった
多くの胎児達の魂にも祈りを捧げたい
どうか安らかにお眠り下さい、、、

ウルトラマン」はとてつもない敵と戦っていたのだ。
ありがとう!「ウルトラマン
人工中絶されかけた一人として
感謝を込めて、、、
▼クリックしてね!
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村