黄昏ウイスキー 

大阪は京セラドーム前の大人の小さなBAR「BARin」の日記 

酒通信リンクウッドとインチガワー

 

今回は、
BARのマスターらしい、
話を、、、
普段マスターらしくないので、、、
久しぶりの再入荷、
写真左側「リンクウッド」
ディアジオ
「花と動物シリーズ」の中の、
秀作である。


元来、
ディアジオ社の
「花と動物シリーズ」に、
経験上、駄作はほとんどないが、
その分値段が高い。
まだまだ居酒屋と、
BARの線引きが無い我が町
大正区」で、
このような商品を扱うのには、
苦労の連続だった。
が、シングルモルトウィスキーは、
原点であり頂点!
酔うだけの酒から、
味わう酒に、
必ず自分を高めてくれるのだが、
私の声は届かない、
でこの「リンクウッド」だが、
99%が、ブレンデットウィスキー用だ。
残りの1%が、
シングルモルトとなる。


名前は、
この土地にあった貴族の邸宅の、
名前に由来している。
その名の通りリンクするウッド(木)
深い深い森の中にあった。
邸宅だったらしい。
二羽の白鳥が、
目印だがこの二羽は、


毎年蒸留所内の、
冷却用のため池に飛来してくる。
ジョニーウォーカーや、
ホワイトホースの、
重要なキーモルトだ。
味はすこぶるスィーティーで、
女性でも問題ないだろう。
スコッチモルト協会の、
土屋守氏の評価も高い逸品であり、
お薦めの一本だ。
次はあまり、お薦め出来ない個性派モルト
「インチガワー」
どの書物にも「通好み」との、
記載があるが、
私は「通」ではないのだろうか?
あまり口に合わない、
まあ、職業としてのバーテンダーで、
プロであって決して「通」ではないのだが、
香りが複雑で、
リッチと記載されているが、
私は複雑で臭いと感じる。
味わいも表現しがたい複雑さだ。
その複雑さが「通」好みなのだろうが、
これが解るようになるには、
やはりキャリアがいるだろう、


こちらの目印は、
「ミヤコドリ」オイスターキャチャーと、
呼ばれる。
インチはゲール語で、
「島」や「川のそばの草原」ガワーは、
ゲール語で「山羊」である。


このゲール語とは、
スコットランドのネイティブ、
ケルト人」の
言語であるが、
またの機会に紹介します。
なんとも売りにくい一本だが、
モルトを知る上で欠かせないアイテム
としての、存在は不動である。
あなたの挑戦をお待ちしております。